冷え性であかぎれやしもやけが酷い!冷え性サプリは?

冷え性であかぎれやしもやけが酷い!冷え性サプリは?

あかぎれやしもやけ、冬のお約束なんて思っていませんか?

私自身、あかぎれもしもやけもできるので、当たり前のように思っていましたが、あかぎれもしもやけもできない人もいるのですよね。

昔、母がしもやけが辛くて皮膚科を受診したのですが、医師に「春、暖かくなるのを待ちましょう。暖かくなれば治りますから」と言われて衝撃的だったと言っていました。

春になって暖かくなれば落ち着くのはわかっているけれど、今辛いから少しでも緩和できたら良いと思って受診したのに・・・と話していました。

その話を聞いてから私も、あかぎれやしもやけが辛くても皮膚科を受診するのはやめました。

しかし、子供があかぎれがきっかけで肌が荒れてしまい炎症を起こし、春になれば治るだろうと様子をみていましたが治る気配がなく悪化していく一方なので皮膚科を受診すると、適切な治療をしてくださり、みるみる改善されました。

昔の医者は、あかぎれもしもやけも春を待つようにと言っていたかもしれませんが、今は医療も進歩していますし、きちんと治療をしてくれるのですね。

冬になると毎年、あかぎれやしもやけで皮膚科を受診する患者さんが多いようですよ。

さて、あかぎれやしもやけは、冬のお約束と私は思っていましたが、誰もがなるわけではなく、冷え性の人が多いのだそうです。

言われてみれば、母も私も冷え性です。

冷え性って、簡単に言ってしまいますが、抹消血流障害という疾患で、放置すると重大な病気を引き起こす可能性もあるのだそうです。

放置してはいけないのですね。

では、解決策はあるのでしょうか。

冷え性の原因である血流障害改善のために、ミカンが役立つと言われています。

ミカンに含まれているヘスペリジンが冷え性の改善や肌をキレイにしたり、アレルギー体質改善効果もあると言われています。

このヘスペリジンは主にミカンの外皮や白い筋に含まれているそうです。

ですから、ミカンが大好きでたくさん食べているという方も、皮ごとは食べないと思うので、せっかくミカンを食べてもヘスペリジンを多く摂取することは難しいと考えられます。

そこで、「αGヘスペリジン」というグリコの冷え性サプリをおすすめします。

1日1粒で、ミカン30個分ものヘスペリジン効果が得られます。

毎日ミカンを皮ごと30個食べるのは無理ですよね。

糖分も摂り過ぎになってしまいます。

しかしαGヘスペリジン1粒でしたら、簡単に摂れますね。

しもやけやあかぎれに毎年悩まされる方、冷え性の方、信頼できるメーカーである江崎グリコのαGヘスペリジンを試してみてはいかがでしょうか。

公式サイト↓

us