赤ちゃん肌になるための洗顔方法

赤ちゃん肌になるための洗顔方法

赤ちゃんのような肌、憧れますよね。
正しい洗顔方法を行うことで、赤ちゃん肌を取り戻すことは可能です。

肌トラブルを招かないように、また肌トラブルがある場合は、それを悪化させないために、正しい洗顔方法を紹介します。

基本的なことですが、洗顔料は、しっかり泡立てましょう。
しっかり泡立てないで使うと、指が直接肌を触ってしまうことになり、肌に刺激を与えてしまうことになりかねません。

そして合成界面活性剤など肌荒れの原因になるものが無添加で肌に優しいのもを選ぶことも大事です。

市販の香りが強い洗顔料は、肌荒れしやすいので選ばないように注意です。

次に洗顔は水ではなく、適温のお湯で洗いましょう。

しかし、熱めのお湯で洗うと、皮脂を落とし過ぎてしまうことになるので、気を付けてください。
理想は、32度か33度程度です。

実際に触ってみると、低く感じると思いますので、確認しておくといいですね。

また、脂性肌の肩は、これより少し高温で、乾燥肌の肩は、反対に少し低温にするなど、自分の適温で洗うようにしてください。

そして大切なことですが、シャワーは使わないでください。

シャワーを顔にあてると、水圧で肌にダメージを与えてしまいます。

入浴時に洗顔をする場合、面倒かもしれませんが、シャワーは決して使わず、洗面器にお湯を張って優しく洗ってください。

最後に洗顔の頻度ですが、1日3回以上は洗い過ぎです。

洗い過ぎると、肌は乾燥してバリア機能が弱くなってしまうので、洗い過ぎには注意してください。

洗顔は朝と夜の1日2回で良いと言われており、回数を増やすのではなく、1回の洗顔を丁寧に行うようにすることが大切です。

このように、洗顔の基本を守ることで、赤ちゃん肌を取り戻せるので、続けてみてください。

◆赤ちゃん肌になる!と人気の無添加洗顔料は、二十年ほいっぷです。
くすみのとれるおすすめ美白石鹸
くすみを消して潤いながら、ぷるぷるの美白肌に導いてくれます。
私も一番お気に入りの石鹸です。

公式サイト↓
北海道からの直送洗顔石けん『二十年ほいっぷ』
二十年ほいっぷ

*関連サイト記事*
ディアフルランの口コミ!マリオネットラインの小じわ改善は本当!?