あせも(汗疹)がひどい!原因と予防や対策を教えて!

あせも(汗疹)がひどい!原因と予防や対策を教えて!

夏って、色々と大変なことがありませんか?

例えば、紫外線対策、そして汗疹、肌トラブルが発生するのは空気が乾燥する秋冬だけではありませんよね。

ここ数年の夏は本当に猛暑が続き、何をやるのも面倒になってしまい、ついついだらけてしまいがちですが、日焼けも汗疹も、きちんとケアすることである程度は予防できると思います。

今回は、あせもがひどい場合の原因と予防や対策についてまとめましたので参考にしてください。

まず、あせもは汗を大量にかいた後、そのままにしておくと汗が皮膚の中に溜まってしまいできてしまいます。

ですから、汗がたまりやすい場所にはあせもができやすいわけですね。

あせもができる場所ってたいてい決まってしますよね。

そこの部分は、汗がたまりやすい場所というわけですね。

あせもを予防するためには、汗をかいたら清潔なタオルで優しく拭くことです。

面倒かもしれませんが、汗をかいたら、とにかくマメに拭くことです。

このとき、乾いたタオルでも良いですが、濡れたタオルで拭く方が、より良いです。

乾いたタオルで拭く場合、くれぐれも強く拭かないようにしてくださいね。

汗をかいたまま放置しておくと、肌に汚れがたまり、汗の出口を塞いでしまい、汗管がつまりあせもができやすくなります。

可能であればシャワーを浴びるのが一番良いですが、その場合、汗を洗い流すことが目的なので、石鹸などは使わない方が良いです。

汗をかくたびにシャワーで洗い流すことは良いですが、その都度石鹸を使っていると、肌を守るバリア機能まで洗い流されてしまうので、乾燥や体臭の原因になりかねません。

運動をするときは、吸湿性がある自然素材のコットンのものや、速乾性のある素材の服を選ぶと良いですよ。

室内では、エアコンの温度は高めにドライにすることで湿度を下げて、汗のかきすぎを防げます。

エアコンの使い過ぎは、エコではありませんが、熱中症予防のためにも、上手にエアコンを使うことも必要です。

しかし温度の下げ過ぎは体にとってもよくないので、外気との温度差が5度以内になるようにすると良いと言われています。

このように、軽いあせもでしたら、以上のことで改善できると思います。

もし、あせもが赤く炎症を起こしている場合、上記のことは行いつつ、市販の塗り薬も併用してみましょう。

あせもの薬をつけることで、痒みを抑えると良いですよ。

このとき、ステロイド入りの塗布薬を使う場合、続けての使用は1週間以内にした方が無難です。

市販の薬でステロイド入りのものを長期的に使うと、副作用の心配もあるので気を付けてくださいね。

もし、市販の薬を使って生活面でも改善しても、あせもが改善しない場合は、あせもではなく違う疾患であることもあるので、皮膚科を受診してください。

あせもを掻き毟って、とびひになることもあるので、この場合は止めの適切なケアが大切なので、様子をみながら早めに受診をお勧めします。

ベビーパウダーの使用も良いかと思います。

ベビーパウダーの使用については、賛否両論なので、特にオススメというわけではありませんが、昔から使われていますよね。

赤ちゃんやお子さんのあせもでしたら大人がケアしてあげられるのでいいとして、大人の場合、ケアしづらい場所にあせもができたとき、とても困ると思います。

例えば背中です。

背中は、直接目で見ることができませんし、ケアを怠りがちになってしまいます。

汗をかきすぎると、あせもだけでなくニキビもできなすいので、湿度調節はお肌のためにも必要です。

夏は、汗をかきやすく、ニキビもできやすいので、無添加の洗顔石鹸を使うと良いですよ。

お勧めは「ノンエー」です。

ニキビの炎症を抑える成分や保湿効果や美白効果も期待できますし、あせもの炎症も抑えやすいのでおすすめです。

ニキビの改善とあせもの予防や改善にノンエーをお試しください。

→→NonA(ノンエー)薬用ニキビ専用洗顔石けんでニキビ改善

us