不器用アイラインから脱出!キレイに描くコツ

不器用アイラインから脱出してキレイに描くコツを紹介します。

毎日のメイクに欠かせないアイテムであるアイライナーですが、上手に使うことで、目元がハッキリと際立ち、顔の印象も変わるかと思います。

しかし、近くで見たら、実はラインがガタガタだったなんてことになりたくないですね。

では、早速アイラインをキレイに描くためのコツです。

1つ目は、皮膚に油分が残っていると、アイラインがにじみやすくなってしまいます。

アイメイクをする前に、綿棒やティッシュなどで、油分を拭き取ると良いでしょう。

2つ目は、アイライナーの筆先がボサボサになっていると、キレイなラインが引けません。
また前回使用した時のまま、アイシャドウが筆についたままでも、キレイなラインは引けません。
使用前に、ティッシュなどで筆先をキレイに整えることで、筆先のボサボサや前回のアイシャドウが残ったままという状態を防げます。

3つ目は、鏡の持ち方です。
アイラインを引くときは、鏡を目の高さより下に持つようにしましょう。
上や正面に持つと、キレイなラインが引けません。

4つ目は、ラインを一気に引くのは難しいので、2回に分けて引きましょう。
黒目の上から目尻に向けてラインを引き、次に目頭から黒目の上に向けてつなげると手が震えたりしてラインが乱れることなく、キレイなラインが引けるでしょう。

このように、少しのコツでキレイなアイラインが引けるので、参考にし試してみてください。

毎日のメイクに欠かせないアイテムであるアイライナーですが、上手に使うことで、目元がハッキリと際立ち、顔の印象も変わるかと思います。

◆なお、アイラインを落とすときは、肌ナチュールを使うと肌あれもしないでキレイになるのでおすすめです。

炭酸クレンジングでウォータープルーフマスカラやアイメイクもキレイに落とせる!と評判ですよ。
肌ナチュールでメイクを落とすコツ
炭酸パックにもなって肌を引き締めてぷるぷるっと潤います。
W洗顔不要なのでお手入れも簡単です。

公式サイト↓