美眉を保つ簡単な裏技を公開!

美眉を保つ簡単な裏技を公開!

もうすぐ夏がやってきます。

夏はレジャーなど楽しみもたくさんありますね。

しかし気になるのはメイク崩れではありませんか。

特に眉毛、せっかくメイクをバッチリきめたのに、美肌をキープしているのに、眉毛が消えてしまっては、台無しです。

眉毛が消えないテクニックがあったら知りたいと思いませんか?

そこで、眉メイクの持ちをよくするためのテクニックを紹介します。

まず大切なことは、土台作りです。

眉メイクをはじめる前に、パウダーでしっかり抑え、油分をカットして、崩れにくい土台ができてから、眉メイクをスタートさせましょう。

1、 パウダーとペンシルで消えない眉毛を。

欠けている部分をアイブロウペンシルで1本ずつ描き足します。

最近は、パウダーだけで仕上げる人が多いようですが、汗や皮脂で眉が消えやすい季節は注意が必要です。

パウダーだけでは、落ちやすいので、ペンシルを使って欠けている部分を描いたあとに、パウダーを使うと良いですよ。

それでも落ちやすい人は、リキッドタイプを使うと良いです。

2、 眉尻をパウダーでサラサラに。

眉尻部分は、念押しのためフェイスパウダーを使いましょう。

崩れにくくなりますし、ペンシルを使うと、いかにもメイクしたという仕上がりになってしまうので、パウダーで抑えて自然な仕上がりにする狙いも含まれています。

3、 仕上げはマスカラで。

眉マスカラを使って、しっかりコーティングすると、崩れない完璧な眉毛が完成します。

普段の眉メイクに、ひと手間加えることで、消えない眉毛になるのですね。

私も、頻繁に眉毛が消えてしまい、恥ずかしい思いを何回もしているので、これはぜひやってみようと思います。

これからの季節は、どうしても汗や皮脂でメイクが崩れてしまうので、このように外側からのテクも必要ですし、最近は顔汗対策のサプリメントなどもあるので、体の中からのケアも必要なのだなと思っています。

朝、出掛ける前にせっかくメイクをばっちりしても、会社に着く頃には汗や皮脂で眉毛が消えていたなんてことのないように、少しの手間で、落ちない眉毛が描けるのですから、ぜひ試してみたいですよね。

恥ずかしい話ですが、眉マスカラというものがあるのですね。

私は、いつもパウダーとペンシルで眉を描いていたので、眉マスカラの存在、しかもそれを使ってコーティングすることで、崩れなくなるということも、この度知りました。

若い頃、ひたすらペンシルで眉を描いていたら、「いかにも描きました!って眉だよ」と友達に指摘され、パウダーを買うようになったのですが、次からは眉マスカラも取り入れようと思います。

とはいえ、眉マスカラも落ちにくいとはいえ、落ちると無残です。

◆理想の眉を演出するには、やはり一番大事なのは元になる眉毛です。

眉毛が薄くてほとんどないと、立体感もなくすぐに落ちたりして台無しです。

理想の眉の太さを保つには、マユライズという眉専用美容液を使って、綺麗な美眉を実現してください。
マユライズのメリットとデメリットの解決策
マユライズだと眉が消えて見られない顔になる心配もなくなりますよ。

マユライズ公式サイト↓

u