敏感肌で顔の赤みが気になる悩みを改善

敏感肌で顔の赤みが気になる悩みを改善

敏感肌だと、ちょっとした刺激ですぐに顔に赤みを帯びてしまいます。

たとえば、自分の髪の毛が頬に触れただけでその部分が赤くなってしまうなんてことは珍しくありません

体質的に表皮が薄いということで肌が敏感になっている人もいれば、乾燥によって敏感になっているという場合もあります。

今回は、そんな敏感肌の顔の赤みについて考えていこうと思います。

まず、敏感肌で顔の赤みが気になる方は、スキンケアばかりでなく食生活にも気を使うようにしましょう。

気を使うといってもとくに手間のかかることではなく、暴飲暴食を避け、香辛料などの体に刺激のあるものやお酒はなるべく控えるようにする、というものです。

また、乾燥肌対策として、手羽先や豚足、フカヒレや魚の皮などの コラーゲンを多く含む食材とビタミンCを摂るといい、ということを頭の隅に置いておくといいですよ。

コラーゲンは肌の保湿に効果的で、乾燥肌改善とともに皮膚が修復されやすくなり、赤みの改善効果も期待できます。

次に、カラダの冷えに心当たりがあるという方は、冷え症対策も有効です。

冷えは血液循環を悪くしますので、カラダの隅々まで必要な栄養を届ける血液の流れを良くすることは、お肌の健康にもとても深く関わってきます。

足湯や半身浴や、寝る前に足先を温めるようにして、カラダを冷やさないように気をつけましょう。

顔のマッサージなども血液の流れを良くするのでよいのですが、肌にトラブルを抱えている場合は刺激が強いこともあります。

そのような時は、両耳をそれぞれの手で小さく丸めた状態を少し保ち、その後手をパッとはなすと、マッサージのように肌をこすらなくても顔全体の血流をよくすることができますから、ぜひ試してみて下さいね。

そして、スキンケアです。

肌トラブルの原因の多くは乾燥で、乾燥すると外部からの刺激に敏感になって血行も悪くなります。

とくに頬など皮膚の薄い部分は水分を保つ力が弱く乾燥しやすいため、肌のバリア機能も乱れやすくなります。

ですから、毎日しっかりと保湿ケアを続けることが、ポイントですよ。

そして、毎日の保湿ケアには無添加で低刺激のスキンケア商品を使うことも忘れないでくださいね。

例えば無添加のスキンケア商品としてみんなの肌潤糖を利用したり、無添加のオーガニックのオラクル化粧品などはオススメです。

さらに、食事やスキンケアだけではなかなか改善できない場合は、サプリメントを利用するという手もあります。

中でも、乳酸菌サプリで赤ら顔に効果的と言われている乳酸菌抽出物LFKを含んだ「カルグルト」がオススメです。
急な温度差による赤ら顔を改善する方法
カルグルトは、5種の乳酸菌の力で腸内環境を整えてくれますし、ツルツルなめらかなお肌へと導いてくれますので、敏感肌で顔の赤みが気になるという方はぜひお試しください。

公式サイト↓
カルグルト

u