ビタブリッドCフェイスとビタブリットCスキンの違いを比較!どう使い分けるの?

ビタブリッドCフェイスとビタブリットCスキンの違いを比較!どう使い分けるの?

ビタブリッドCとは、本物のビタミンCを浸透させることができる画期的なアイテムです。

一般的な化粧品に配合されているビタミンCは、本物のビタミンCではなくビタミンC誘導体というものです。

ビタミンCは酸化しやすいので、本物を化粧品に配合することは難しいとされています。

それを可能にしたのがビタブリッドCです。

このビタブリッドCには、顔用の「ビタブリッドCフェイス」とボディ用の「ビタブリッドCスキン」の2種類があります。

顔用とボディ用があるということは、やはり顔と身体で使い分けた方が良いということなのでしょうか。

どちらか片方で全身使うことはよくないのでしょうか。

それぞれの違いなどを調べたので紹介しますね。

まずビタブリッドCフェイス(顔用)は、本物のビタミンCを肌に直接浸透させることができる商品です。

先程少し触れましたが、ビタミンC誘導体のように人工的に作られたビタミンCではありません。

ビタブリッドCフェイスの使い方ですが、普段使われている化粧水にビタブリッドCフェイスを混ぜることがポイントです。

普段使っている化粧水に本物のビタミンCが加わるので、保湿や美肌などの実感力が高まりますよ。
ビタブリッジCフェイスはアトピー肌でもケアできる?

次にビタブリッドCスキン(ボディ用)ですが、この商品には、アランダインという成分が配合されているのが顔用との違いになります。

アランダインという成分は、鎮静や殺菌といった働きがあると言われています。

皮膚を整えてくれるので、アトピーなどの肌質でお悩みの方にも良いと考えられます。

このように、顔用とボディ用の違いは、「アランダイン」という成分が配合されているかどうかというだけです。

顔とボディと使い分ける方は、ビタブリツドCフェイスとビタブリツドCスキンをそれぞれ使うことになりますが、もし1つで全身に使いたいという場合は、顔用を全身に使うことが可能です
ビタブリッドC スキンでアトピー改善も期待できる?

ボディ用のビタブリツドCスキンは顔に使わないでくださいね。

これがメーカーさんの回答だと知人に教えてもらいました。

最後に注意点を1つお話します。

ボディ用は、アトピーの肌質の方に皮膚を整える働きかけをしてくれるので、とても良いと思いますが、ステロイド等を使用して医師の治療を受けている方は、使用前に念のためお医者さんに相談してから使用するようにしてください。

ビタミンC12時間パックを実現したビタブリツドC、朝と夜の1日2回お手入れすることで、本物のビタミンCを24時間浸透させることが可能と言えます。

年齢肌が見違えると噂のビタブリツドC、ぜひお試しください。

ビタブリッドCフェイス公式サイト↓


ビタブリッドCスキン公式サイト↓



u