ビタブリッジCフェイスはアトピー肌でもケアできる?

ビタブリッジCフェイスはアトピー肌でもケアできる?

アトピー性皮膚炎でお悩みの方が多くいると思います。

年々アトピーを発症する方が増えているにも関わらず、根治させる治療法がないので、増加する一方ということになります。

アトピーは、強い痒みが辛い症状として言われていますが、年間通して症状が現れる方もいますし、季節によって強く症状が現れる方もいます。

春は花粉、夏は紫外線や汗、秋・冬は乾燥などが原因で痒みが強くなることがあるので、年間通して何かしら原因はあるということになりますね。

アトピーは、薬では治すことはできず、薬で緩和させることしかできません。

これから先も、ずっと薬を使い続けて治ることのないアトピーと付き合っていくしかないのでしょうか。

それは違います。

良い方法を知ったので紹介します。

それは「ビタミンC」を摂取することです。

でも、ビタミンCなら果物とかで摂っている!という方もいるかもしれませんね。

ビタミンCは、過剰に発生した活性酸素を除去することで、アトピーの悪化や慢性化を改善したり予防することが可能だと言われています。

ビタミンCは、活性酸素に対抗する強い抗酸化力のある成分の1つだからです。

このビタミンC、お肌に良いというイメージを漠然と持っているかと思いますが、肌のバリア機能を上げたり、弱った皮膚細胞を強くするようサポートします。

少し前で、ビタミンCは果物などで摂っている!という話をしましたが、実はそれだけでは足りないかもしれないのです。

もちろん食べ物やサプリメントなどで摂ることは大切ですが、それと併せて身体の外側からも摂取することが大切です。

ビタミンCを身体の内側に摂取しても、皮膚に良い影響を与える割合は、ほんの少しだと言われています。

だからと言って果物を食べ過ぎは、果糖の過剰摂取になりかねないので、よくありません。

ですから、身体の内側と外側の両方から摂ることが良いのです。

それなら今使っている化粧品にビタミンCが配合されているから大丈夫、今のケアでできることはやっていると思われるかもしれませんね。

しかし、よく見てみてもらいたいと思います。

ビタミンCは、不安定で壊れやすく、これまで化粧品への配合は難しいと言われており、多く化粧品に配合されているビタミンCは、ビタミンC誘導体というものです。

ビタミンC誘導体ですと、やはり本物のビタミンCに比べると高い効果は期待できません。

その点、ビタブリッドCフェイスは、本物のビタミンCなので、高い効果が期待できます。

先ほど、ビタミンCは壊れやすく、ビタミンC誘導体というものが配合されているという話をしたばかりですが、ビタブリッドCフェイスは、世界特許技術でピュアなビタミンC本来の作用を保持し肌へ送り込むことが可能になりました。

さて、このビタブリッドCフェイスは、アトピー体質の方にもオススメなので、ぜひ試してみてもらいたいと思います。

もちろんアトピー以外の方にもオススメですし、多くの方に使っていただき、ピュアなビタミンCの効果を実感していただきたいと思います。

しかしアトピーの方や、そうでない方も、肌に合わない場合もありますので、二の腕などでパッチテストをされ、問題ないことを確認してから安心して使うと良いですね。
ビタブリッドCフェイスの口コミと年齢肌改善に効果!

ビタブリッドCフェイスは、アトピーの方や痒みで辛い方の症状を改善する働きもあるので、ぜひお試しください。

公式サイト↓


us