auの電子書籍ストア「ブックパス」のメリットとデメリット対策

auの電子書籍ストア「ブックパス」のメリットとデメリット対策

気軽にコミックや雑誌等の書籍を楽しむことができる電子書籍。

好きなものを好きなときに読むことができ、かさばることがないので非常に高い人気を集めています。

そんな電子書籍は現代人のニーズにとても合っており、様々な会社からサービスが提供されていますが、その中でも特に人気が高いのが、auのブックパスです。

ブックパスはauのスマートフォンやパソコンで利用することができる電子書籍サービスとなっており、コミック、小説、雑誌、実用書、写真集などの幅広いジャンルの作品を扱っています

そこで今日は、これからブックパスを利用しようと考えている方のためにも、メリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

まずメリットとデメリットをご紹介する上で、基本的なシステムを紹介すると、ブックパスには利用料金が2種類あります。

1つは読み放題プラン。

そしてもう1つは1冊毎にそれぞれ料金がかかるアラカルト購入です。

電子書籍ストアの多くは、定額制の読み放題プランか、お金やポイントで購入する1冊毎の購入システムとなっているため、この両方を活用することができるのは大きなメリットになります。

そして次に、コミック、小説、雑誌、実用書、写真集等の種類は50,000冊以上となっているため、豊富な種類の中から選ぶことが出来るのも、多くの方から選ばれている理由の1つと言えるでしょう。

文字サイズも簡単に変更することができるので、年配の方でも安心して活用することができます。

さらに、未成年者の利用にあたってはセーフサーチが常に「オン」となった状態になっているため、性的描写を含む書籍に関しては閲覧することができないようなシステムになっています。

そのため、子供に電子書籍を読みたいと言われたときに、ブックパスなら安心して登録してあげることができます。

このようなシステムを見ていただいても分かるように、ブックパスには豊富なメリットがありますよね。

auの電子書籍ストア「ブックパス」の口コミ評価レビュー!新刊も読めるの?

では続いて、ブックパスのデメリットについても着目してみましょう。

ブックパスを利用するにあたって1番重要となってくるのが、au回線を利用しているかどうかです。

例えば、あなたが今現在使っているスマートフォンやパソコン、タブレットがauの回線でない場合、ブックパスを利用することができません。

ブックパスを利用することができる条件は、au回線に紐付いたau IDを所持していることです。

また、au回線を契約していたとしても、ブックパスの対応端末でなければ利用することができないので、その点は大きなデメリットに感じてしまう方も少なくありません。

なお、ブックパスの対応している端末は、

Android? 4.0以降搭載auスマートフォン (一部機種除く)

Android? 4.0以降搭載4G LTEタブレット

iOS8.0以降のiPhone、iPad、iPad mini

パソコン (Windows7以降/Mac OS X 10.9以降)

このようになっています。

ぜひ参考にしてみてください。

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら
アラカルト訴求
ブックパスで新作コミックも雑誌、小説、実用書も楽しめる!

rU