ブラニカの全成分と他との違い

ブラニカの全成分と他との違い

口コミで話題になっている「ブラニカ」

世の中には歯を白くすると書かれている歯磨き粉が沢山発売されていますが、実際使ってみるとあまり効果が実感できないですよね。

そんな中でブラニカはかなりリピート率も高く、歯を白くする効果がとても話題になっているのですが、いったいどのような成分が配合されており、どのように従来までの商品と違うのか見ていきたいと思います。

まず、ブラニカに含まれている全成分です。

「水・ポリリン酸Na・セルロースガム・エタノール・アルガニアスピノサ核油・マスチック樹脂・グリチルリチン酸2K・トコフェロール・キシリトール・PEG−30水添ヒマシ油・ローズマリー葉油・ペパーミント油・ヒノキチオール」

次に、ブラニカが従来までの一般的な歯磨き粉と何が違うのか成分をピックアップしながら見ていくと、「板状ハイドロキシンアパタイト」「ポリリン酸」「ピロリン酸」という成分が配合されていることがわかりました。

まず、板状ハイドロキシンアパタイトは歯にしっかりと密着してステインを除去するので、今までなかなか落なかった汚れにも効果を発揮します。

続いてポリリン酸やピロリン酸ですが、こちらはステイン以外の汚れに効果的なので、あらゆる方面からの歯の黄ばみを防ぎ、高いホワイトニング効果を実現しています。

今までの歯磨き粉ではホワイトニング効果が得られない
歯医者のホワイトニングよりも気軽に行いたい
ブラニカの口コミ!白い歯効果はなぜ?
このような方にも、ブラニカおすすめです!!
公式サイト↓