食べ物とバストアップの関係

食べ物とバストアップの関係です。

バストアップというと、マッサージというイメージが強い気がしますが、いかがでしょうか。
バストアップと食事もつながりがあるのをご存じでしょうか。

豊かなバストになるためには、乳腺を発達させる必要があります。

この乳腺は、女性ホルモンの影響により発達するので、女性ホルモンを分泌させる食べ物を摂ることがバストアップにつながると言われています。

では、具体的にどのようなものを食べると良いのでしょう。
まず代表的なものは大豆製品になります。
大豆製品は、女性ホルモンの分泌を活発にしてくれると言われています。

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと似ている働きをするからですね。
豆腐や大豆、納豆や豆乳などを摂ることで、女性らしい体つきにしてくれるサポートをしてくれるというわけです。

nattou

豆腐など、高たんぱく低カロリー食品なので、ダイエットにもオススメの食べ物の1つです。
積極的に食べたいものです。

大豆製品の他にも、ザクロやリンゴ・ナッツやカボチャ・オリーブオイルなどもホルモン分泌に関わると言われています。

どの食品も身近なものなので、毎日の食事に摂れそうですね。
果物や野菜は季節により食べられない時季もあるかと思いますが、大豆製品は年間通して食べられますので、季節に合った食べ方で楽しみながら摂れるといいですね。

美味しく食べて、バストアップを目指したいですね。

◆本格的にバストアップしたい方は、ミーモ(meemo)を飲むと良いです。

3種類のプエラリア、ワイルドヤム、アグアへ、大豆イソフラボンなど美乳成分やダイエットにも役立つ成分がたっぷりです。

2種の食べるゼリーで女性特有のバランスにも対応安心なのです。
詳しくは→バストアップゼリー「meemo(ミーモ)」のメリットとデメリットの解決策

yu