クリアネイルショットで爪水虫は改善する?

クリアネイルショットで爪水虫は改善する?

おしゃれなサンダルを履きたいのに足の爪が悲惨で恥ずかしくて履けない、ということはありませんか?

足の爪が悲惨とは、白く濁っていたり、マニキュアでうまくカバーしようとしても足爪の表面が凸凹でマニキュアがキレイに塗れなかったり、マニキュアどころか爪がボロボロだったり…、という状況です。

おじいちゃんやおばあちゃんの爪がそうだった、と思い当たる人もいるかもしれませんね。

確かに、60代以降になると爪がカサカサゴワゴワしたり、濁ってひび割れているなどの症状が出やすくなると言います。

年を重ねると足爪もそのようになることが多いのですが、年齢に関係なく最近では若い人の間でも爪の健康に様々な問題が生じてきているようです。

ところで、足の爪にも大切な役割があります。

安定して体を支えたり、歩行時につま先に力を入れる時に必要とされています。

足の爪を深爪すると、歩く時も不自由ですよね。

このように、足の爪の大切な役割も考えると、きちんとケアをして健やかな状態をキープする必要性がわかると思います。

たとえば、白く濁っている、爪表面が崩れてボロボロ、筋がある、などというときは、もしかしたら爪水虫かもしれません。

もともと足の水虫に悩まされていて、その菌が足爪に入って爪水虫になってしまうというケースが多いようですが、爪が厚くなったり色がにごったりと状態がおかしいなと思ったら爪水虫の可能性も考えて治療なりケアなりしていくことが大切です。

そんな足爪の悩みにおすすめなのは、自爪を健康な状態に導く「クリアネイルショット」です。
「クリアネイルショットで爪水虫は改善する?」の続きを読む…

クリアフットヴェールとクリアネイルショットの比較と選び方

クリアフットヴェールとクリアネイルショットの比較と選び方

突然ですが、水虫でお悩みの方、多いと思います。

夏は特に足が蒸れやすい季節ですし、冬はブーツなどで足が蒸れやすい季節でもありますよね。

足は、年間通して蒸れやすい環境と言えるということですね。

足の悩みの多くは、白癬というカビの1種の発生による「水虫」です。

ですから、水虫でお悩みの方は多いと思います。

若い女性は、恥ずかしくて自分が水虫で悩んでいると周囲には話さないかもしれませんね。

しかし水虫は、1度発症すると、何度も繰り返す可能性があり、周りに感染するリスクもあります。

感染すると聞くと、温泉やプールなどに行くことを避けてしまう方もいるかもしれませんが、白癬菌は、自分の肌に付着しても24時間以内に洗い流すことで感染を防げるとも言われているので、あまり怖がる必要もありませんよ。
「クリアフットヴェールとクリアネイルショットの比較と選び方」の続きを読む…

クリアネイルショットの塗る期間はどれくらいで綺麗な爪になれるの?

クリアネイルショットの塗る期間はどれくらいで綺麗な爪になれるの?

最近、爪のトラブルが急増していることをご存じですか。

爪トラブルの中でも、特に爪水虫し言われている症状が問題視されています。

爪水虫は、爪の見た目が変化するものの、痒みを伴わないので、気づかない方も多いかもしれませんね。

私も、子供の頃、親や祖母の爪がガサガサゴワゴワしているのを見ても「年をとると、こうなるのだなぁ」と思っていただけで、それが水虫だと知ったのは最近になってからです。

さて、爪水虫も皮膚の水虫と同様で白癬菌と呼ばれるカビの一種に感染することで引きおこされます。

見た目も変化するのですが、最初は、くすんで濁ったようなイメージに変化していき、後にガサガサゴワゴワになります。

その後、爪切りでは切りにくく変化していきます。

昔、親や祖母の爪切りの様子を見ていると、ガサガサゴワゴワした爪は、分厚くなっていて、爪切りが大変そうだったのを記憶しています。

この状態でしたら、まだ見た目がよくないだけで済むかもしれませんが、この状態が更に進行すると痛みを感じるようになり、靴を履くのも難しくなるという方もいるようです。

見た目だけでしたら、靴下を履いたりして人目は気にせず過ごせますが、靴を履けなくなるのは生活にも支障があり、困りますね。

水虫とは関係ありませんが、私は外反母趾気味で、一時期痛みが強く、通勤時もスニーカーのようなものではないと痛くて靴が履けないという時期がありました。

痛みで靴が履けないということは本当に苦痛で困ります。

爪水虫、恐ろしいですね。

何か治す方法はあるのでしょうか。

どうやら「クリアネイルショット」というものが、爪水虫に対して高い効果を発揮してくれると注目を集めているようですよ。
「クリアネイルショットの塗る期間はどれくらいで綺麗な爪になれるの?」の続きを読む…