北海道の毛ガニボイル済みの美味しい食べ方

北海道の毛ガニボイル済みの美味しい食べ方

冬になるとカニの美味しい季節がやってきた!

待ちに待った季節がやってきた!なんて、カニ大好きファンは歓喜しちゃいますね。

美味しいカニの季節は冬!なんて日本ではよく知られており、

実際にカニの消費量が増えるのは冬の、特に年末年始にかけてなのだそうです。

魚屋さんで見るカニは、どれもこれもむき身は美味しそうで、

丸ごとのカニは、カニ味噌がたーっぷり入っているようで、想像したら生唾ごくり。

そんな経験が皆さんみあるのではないでしょうか?

昔までカニといったら贅沢な品物で、今のように年中買おうと思えば買える時代ではありませんでした。

輸送技術、冷凍技術、冷蔵技術の発達がもたらした恩恵は、

年中カニを食べられる!というような、まさに「時間を操る」ところまで進化したのです。

そんなカニですが、魚屋さんでも、カニを販売する通販サイトでも、

「ボイルカニ」「活〆にしたおいしい活カニ〜「生カニを〜」なんて言葉を目にしたことも多いはずです。

ボイルと、活カニ、生カニ。

どれも似たような言葉ですが、大きく違いがあります。

まず「ボイル」「活ガニ・生カニ」でわけられます。

ボイルはその名のとおり、水揚げした後、お湯で湯がいたカニのことです。

カニを販売する通販サイトで多く売られているのが、この「ボイルカニ」になります。
「北海道の毛ガニボイル済みの美味しい食べ方」の続きを読む…