水素水と酸素水の比較と選び方

水素水と酸素水の比較と選び方

水素水と酸素水、どちらも『水』ですが、それぞれに特徴があるので、飲み分けることで、その効果を十分に得ることが期待できます。

そこで、水素水と酸素水の違い、特徴などをまとめました。

まずは水素水です。

水素水は、水素を多く含んでいる水のことです。

1つ目の大きな特徴は、抗酸化作用があることです。

水素水は、活性酸素を除去してくれるので、アンチエイジング効果や生活習慣病の予防効果が期待できます。

酸素水は、酸素分子を多く含んで水です。

酸素水を飲むと、身体に酸素が入るので、血流がよくなり脂肪燃焼効果、疲労回復効果、また体内の毒素を排出してくれる働きもあるので、デトックス効果によって浮腫みや便秘の解消も期待できます。

このように、水素水と酸素水は、どちらも『水』ですが、それぞれ特徴や効果が異なるので、目的に合わせて飲むと良いですね。

美容・アンチエイジング・糖尿病や高血圧など生活習慣病が気になる方は、水素水をオススメします。

脂肪太りタイプ・水太りタイプどちらにも効果のある酸素水は、ダイエット効果が高い水という認識で良いと思います。

それぞれのオススメの水を紹介します。
「水素水と酸素水の比較と選び方」の続きを読む…

頭皮の臭い解消におすすめのアイテムは?クリアネオは使える?

頭皮の臭い解消におすすめのアイテムは?クリアネオは使える?

気温が高くなってくると頭に汗をかきやすくなって頭皮の臭いが気になるという方、そして寒い季節でも夜きちんと洗髪したのに朝には頭皮が臭うという方など、頭皮の臭いに密かに悩んでいる方はけっこう多くいるようです。

そのような方は、皮脂の分泌が過剰にならないように、シャンプーを変えたり頭皮によい化粧水を探したりと、努力されています。

食べ物、ストレスなどにも気を使って、生活の見直しをされている方もいらっしゃいます。

しかし、仕事などが忙しくてそこまで気を使っていられないという方も少なくありません。

そんな忙しい方も含めて、頭皮の臭いにお悩みの方にオススメなのが、「キュアリス」です。
「頭皮の臭い解消におすすめのアイテムは?クリアネオは使える?」の続きを読む…

ブラニカの効果的な使い方

ブラニカの効果的な使い方

かなり前になりますが、とあるテレビCMで芸能人は歯が命なんてキャッチフレーズが注目を集めました。

そのCMは、歯を白くする歯磨き粉を紹介していたのですが、芸能人じゃなくても白い歯には誰もが憧れますよね。

ですが、コーヒーや紅茶などの着色汚れはなかなか避けることができず、歯磨き粉では落としきれない汚れがたくさんあるのが現状です。

クリニックのホワイトニングを試みる方もいますが、ホワイトニングには様々な制限があり、ステインが付きやすい食品はなるべく避けたり、こまめな歯の洗浄が必要になります。

そこで、私がお勧めしているのがブラニカです。
「ブラニカの効果的な使い方」の続きを読む…

デリケートゾーンの痒み対策

デリケートゾーンの痒み対策

女性の悩みの中に、デリケートゾーンの痒みがあります。

生理中などの一時的なものもあれば、何年も前から痒みに悩まされているという方もいます。

市販薬でデリケートゾーンの痒みによいものも売られていますが、これも合う人と合わない人に分かれるようです。

そこで、今回は人には相談しにくいデリケートゾーンの痒みについて、その対策をまとめてみました。

まず、痒みの原因はいくつか種類があります。

・ムレによるもの、下着などの摩擦やぴったりとフィットするジーンズなどによる締めつけ

・ホルモンバランスの乱れ

・カンジダ菌などによる感染

などです。

これらの原因に合わせた改善方法をこれからご紹介しますね。

まずは、ムレによるものです。

これは、まずは下着の素材の見直しが有効です。

綿素材やちょっと贅沢にシルクなどの下着に変えてみてください。

そして、あまりタイトすぎるものは素材を変えてもムレの原因となりますので、ある程度ゆとりのあるものがおすすめです。

補正下着やスキニ—ジーンズなど締めつけるタイプのものもムレや摩擦によるかぶれにつながりますので、避けたほうがよいでしょう。

また、生理ナプキンなども肌に合わない場合は痒くなったりかぶれたりしますので、ご自分の肌に合うナプキンに変えましょう。

ナプキンはこまめに変えて清潔を保つということも大切です。

市販のナプキンでは痒みがでるという方は、思い切って布ナプキンに変えてみるというのもいいですよ。

次に、ホルモンバランスの乱れが原因の場合です。

ホルモンバランスは、不規則な生活や偏った食生活、ストレスなどによって簡単に乱れてしまいます。

ムレや下着の締め付けなどの原因に心あたりがないのにデリケートゾーンに痒みがある場合は、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

ホルモンバランスが乱れる更年期にも、入浴後などの身体が温まったときにかゆみが起きることがあります。

このような場合は、まずは規則正しい生活と十分な睡眠、ストレス解消を心がけ、食生活においては女性ホルモンのひとつのエストロゲン様の作用がある大豆イソフラボンがレシピに加わるように工夫します。

豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品をうまく利用するといいですよ。

そして最後の感染による痒みの場合ですが、これは病院に行きましょう。

感染による場合は、おりものの色や状態がいつもと違っていたり臭いがキツイというということがサインです。

これは放置しておいても治らないどころかひどくなってしまいますので、恥ずかしがらずに必ず受診してくださいね。

以上がデリケートゾーンの原因別痒み対策となりますが、スキンケアのおすすめもいくつかあります。
「デリケートゾーンの痒み対策」の続きを読む…