男性更年期障害の治療法について

男性更年期障害の治療法について

更年期障害は女性だけでなく、男性にも起こります。

それは、男性ホルモンの減少に伴い起こりやすくなります。

男性ホルモンは20代から30代をピークに、その後減少していきます。
また、男性ホルモンはストレスによって減少するとも言われているので、加齢によるものは避けられませんが、ストレスによるものは少しでも抑えたいものですね。

さて、男性更年期障害の治療法ですが、まずはバランスのとれた食事を摂ることが大切です。

特に亜鉛は、ホルモンバランスを整える働きがあるので、積極的に摂るといいでしょう。
亜鉛を多く含む食品は、うなぎ・牛肉・チーズ・レバー・卵黄・大豆・そば・緑茶・黒米などです。

亜鉛の1日に必要な量は、15ミリグラムです。
不足がちなことが気になる場合は、サプリメントなどで補うといいですね。

しかし、サプリメントの場合、取りすぎにならないように十分気を付けてください。

食事の他に、軽いウォーキングなどの運動を取り入れたり、自分に合うリラックス法やストレス解消法などもあるといいですね。

体調がよくない時は、きちんと相談できるお医者さん・病院にかかるようにしましょう。

男性更年期は、人により何事もなく過ぎていく人もいれば、辛い日々になる人もおり、個人差が大きいですが、病院を受診することでホルモン療法などで治療が受けられますので、生活習慣の見直しもして、同時に病院での治療を受けるのもいいかもしれません。

関連記事
男性更年期障害の改善、予防と対策のコツ