動脈硬化は糖尿病と関連がある?改善と予防策

動脈硬化は糖尿病と関連がある?改善と予防策

動脈硬化と糖尿病は関係あるのでしょうか?

一見関係ないように思える2つの関係性について詳しく調べてみました。

まず動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気を引き起こしてしまう可能性があります。

私の父は、動脈硬化で視力を少し失いました。

幸い発見が早かったのと、自然治癒力が高かったおかげで生活に支障のない程度に回復しましたが、最悪の場合、失明していたかもしれないと医師からの話でした。

血栓が心臓付近の血管内で起こると心筋梗塞を脳の血管内で起こると脳梗塞を、私の父の場合は、目の視力に関わる血管内で起こったのだと思います。

一方糖尿病は、血糖値が異常に高い状態をいいますね。

糖尿病は様々な合併症がある恐ろしい病気です。

この動脈硬化と糖尿病は、どんな関連があるのでしょう?

動脈硬化とは、血管の壁が異常に固くなり、正常な働きができない状態のことを指します。

血流は悪くなり、細胞に栄養が届かなくなります。

後に血栓ができたり、突発性の症状の引き金になることが多々あります。

糖尿病は、血糖値が異常に高い状態を指しますが、血糖値が上昇すると血管の内膜に糖が付着します。

この糖と、血中に流れるタンパク質などが化学反応を起こし、活性酸素が生まれます。

活性酸素は酸化作用で内膜を傷つけるため血管に炎症が生じます。

この炎症を抑えようと、白血球とマクロファージが修復機能として働きます。

マクロファージによって集められたコレステロールなどが原因となって、血管の幅が狭くなります。

血管が細いと、血栓となり血管を詰まらせてしまうことになります。

ですから、最初は血管の幅が狭くなるだけで、これといった症状は起こらないかもしれませんが、それが進行すると血管が細くなっているので、更に細く、そして血栓となり血管が詰まってしまうことになるのですね。

このことから、動脈硬化と糖尿病の関係性をまとめますと、血糖値を上げ過ぎないように、血糖値を正常に保つと、動脈硬化の原因になることはないと考えられます。

日ごろから血中コレステロールを正常な状態を維持してください。

血糖値が高めな方は、意識して食事や運動などを見直し改善し血糖値のコントロールを心掛けてください。

気になる方は、受診してみるのも良いかもしれませんね。

動脈硬化の原因が糖尿病だしても、動脈硬化を引き起こすまでには、他にも様々な要因が重なっていくので、糖尿病だけ意識するのではなく、それらの要因全てを解決していくことが、動脈硬化を引き起こさないための予防策になります。

糖尿病は怖い病気です。

普段から食生活全般を改善することが大切ですが、それだけでは思うように改善できない場合も多いと思います。

そのような方は「白井田七(しらいでんしち)」を飲むと効果的です。
白井田七(しらいでんしち)の口コミ!糖尿病予防効果の理由

血液サラサラで生活習慣病を改善効果で好評です。

具体的には、白井田七(しらいでんしち)は、糖尿病・動脈硬化・更年期障害・貧血・痛風・肝臓病・高血圧などに悩んでいる方に人気があり、評価も高いです。
公式サイト↓
更年期

ug