原発事故後、糖尿病患者の増大とその理由

原発事故後、糖尿病患者の増大とその理由

東日本大震災で、東京電力福島第1原発の事故後、福島県南相馬市と相馬市の住民が糖尿病を発症するリスクが事故前と比較して、増えているという研究結果が発表された。

南相馬市と相馬市の住人を採決や問診などの健診データをもとに調査したところ、原発事故が起きた2011年から2014年までの年ごとに生活習慣病や糖尿病、高脂血症や高血圧を発症した住民の割合についてを解析しました。

すると、糖尿病を発症する割合は事故前より事故後の方が増加していました。

避難している住民と非難していない住民、どちらも増加しています。

高脂血症についても、事故前と事故後を比較すると、避難生活をしている人と避難生活をしていない人、どちらも事故後の方が増加しています。

高血圧患者の割合については、事故前と事故後での大きな変化はありませんでした。

糖尿病は、様々な合併症を伴うこともありますし、ガンの発症にもつながります。

またインスリンによる副作用もあります。

このように、糖尿病患者が増えていることは大きな問題です。

生活環境の変化によって、糖尿病を始めとする生活習慣病になりやすくなることがわかりました。

私は医者でもありませんし薬剤師でもありません。

医療の知識はありませんし、その道のプロではない私の考えですが、事故があって、それまでの同じ食生活を送ることが難しく、また生活が落ち着かず運動などもできない日々が続いて、またストレスなども関係して、糖尿病をはじめとした生活習慣病にかかるリスクが高くなったのではないかと思います。

震災があり、また原発事故で、やむを得ないことではありますが、やはり毎日の食事や生活習慣は大切ということがわかりますね。

◆食事も気をつけて運動をしているけれど、糖尿病予備軍と言われてしまったという方、太り過ぎなのでダイエットしながら糖尿病予防もしたい方は、アラプラス糖ダウンを飲んでみてください。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
私も糖尿病予防で、飲んでいますが、1日1回で良いので飲み忘れもなく調子が良いです。

糖をエネルギーに変えて燃焼してくれるので血糖値が下がるんです。

糖尿病予防やダイエットに人気ですよ。

公式サイト↓