歯のホワイトニングのコツ!歯を白くする食べ物と着色するもの

歯のホワイトニングのコツ!歯を白くする食べ物と着色するもの

テレビや雑誌を見ていると、芸能人は歯が白くて綺麗で羨ましいと憧れますよね。

そんな白い歯が、日常生活で手に入るとしたら嬉しくないですか?

食べ物や飲み物、ちょっとした生活習慣に気を付けるだけで、白い歯を手に入れる方法を紹介しますね。

歯の変色の原因
歯には半透明のエナメル質の内側に、象牙質という黄色い層があり、新陳代謝によって、年々この色が濃くなってきます。いわゆる、加齢による変色ですね。

濃い食べ物や飲み物、毎日の歯磨きや歯軋り、食事などでもエナメル質が薄くなり、紫外線によっても変色してしまいます。

そこで、歯を白くする食べ物を幾つか挙げてみましょう。

りんご、なつめ、梨など
リンゴ酸には、歯の色素沈着や黄ばみを解消する効果があります。

ゴボウ、セロリ、昆布など
繊維性の食物に含まれている食物繊維は、歯の表面を掃除する役割があります。

パパイヤ
パパイヤにはパパインという蛋白質を分解する作用があり、歯に付着した汚れを分解して落とします。また、美白効果も高いそうです。

乳製品
カルシウムを含むチーズや乳酸菌を含むヨーグルトは、虫歯や歯の衰えを予防してくれます。

逆に、着色してしまう食べ物や飲み物もあります。

・コーヒーや紅茶などカフェインを含むもの
・カレーやキムチ、ソースなどの色の濃い物
・赤ワインなどポリフェノールを含む物
・焼酎や梅酒、ビールなどのアルコール類

これらの物を食べた後には、なるべく早く歯を磨くか、うがいだけでもすることをお勧めします。

食べ物以外でも、歯を白くする保つコツがありますよ。

鼻呼吸を意識する
口呼吸は唾液の循環を妨げ、口の中を乾燥させてしまい、ステインが付着しやすくなります。また、風邪を引きやすくなったり、虫歯が出来やすくなります。

食事をする時は水を飲みながら
色の濃いものを食べる時には、一緒に水を飲む事で歯の黄ばみを防ぐ事が出来ます。

ガムやおやつ昆布を噛む
唾液には、歯の表面に付いた汚れや細菌を洗い流す自浄作用があり、ガムやおやつ昆布を噛む事で、唾液の分泌を促します。

食後は歯磨きをする
早めに歯磨きをする事で汚れを落とし、着色を防ぎます。

研磨剤入りの歯磨き粉は避ける
研磨剤入りの歯磨き粉を毎日使っていると、歯を傷つけ黄ばみの原因に繋がる可能性があるので、なるべく避けるほうが良いでしょう。

歯を白くする=アンチエイジング
内側からの加齢による変色は避けられませんが、生活の中で、食べ物や習慣の意識を少し変える事で外側からの変色を防ぎ、白い歯を手に入れる事が出来るんです。

芸能人のような、白い歯も夢ではありませんね!

◆いろいろ工夫しても、今一歩というときは、歯のホワイトニングで評価が高いブラニカを歯磨きで使ってみてください。
ブラニカの口コミ!白い歯効果はなぜ?
ブラニカで、歯がぐんと白くなった!という口コミが多数で人気です。
公式サイト↓