肘が黒ずむ原因と対策

肘が黒ずむ原因と対策

普段、自分では目につかないパーツである「肘のケア、つい怠っていませんか?

肘が黒ずんでいたり、ひび割れていたり、予想以上に荒れていて驚くことも多いかもしれません。
冬場はあまり気にならないかもしれませんが、薄着になる夏場は放置できません。

自分では目が届きにくい部位ですが、周りからは「だらしがない」「清潔感がない」と思われてしまうかもしれません。

そこで、まず肘が黒ずむ理由についてです。

黒ずみの主な原因は、摩擦と刺激と圧力です。
これらによって、皮膚は自分を守ろうと角質を厚くします。
その繰り返しで、蓄積されて黒ずんでしまうのです。
更に、黒ずみは色素沈着を起こしてしまうので、落ちにくくなってしまうのですね。

また、肘は皮脂腺が少ないので、皮脂や水分がとても少なく、乾燥しやすい部位です。
少しの刺激でも大きなダメージを受けてしまいます。

肘をついたり、ほおづえをついたりなどの摩擦、刺激、圧力が加わりやすい部位なので、黒ずみができやすい上、なかなか落ちません。

では、どうしたらいいのでしょう。

まずは、肘をつく・ほおづえをつくなどの普段何気ない行動や癖を見直し、改善することが必要になります。
また、お風呂で顔を洗う時にナイロンタオルを使うのも控えた方がいいですね。
これらを止めるだけでも、黒ずみの進行は抑えられます。

次に、色素沈着してしまった黒ずみケアは、まずはやららかくするために湯船にゆっくりと入り、スクラブで優しくマッサージしましょう。
やりすぎると、必要な角質まで落としてしまうので、月に1〜2回程度にしましょう。

お風呂上りは、しっかり保湿することも忘れずに!

肘の黒ずみやひざの黒ずみ改善に効果がある保湿スキンケアで人気なのは、ロコシャインです。
ロコシャインの口コミと黒ずみ改善効果


2015年1月17日 肘が黒ずむ原因と対策 はコメントを受け付けていません。 美肌