日焼けしてしまった時のケア

日焼けしてしまった時のケア

日頃から紫外線カットは大切なことですが、うっかり日焼けをしてしまうこともあると思います。

そのような日焼けをしてしまった時のケアについて紹介します。

まず、日焼けは火傷の1種ということを知っておいていただきたいと思います。

ですから、日焼けをしてしまったら、きちんとケアをしないと、
後で大変なことになるかもしれません。

日焼け時に、やってはいけないことについてです。

・化粧品は塗らないでください。

日焼けをした肌に化粧品を塗ると、日焼けが悪化してしまうことも考えられます。

日焼けした肌が落ちつくまでは、化粧品はぬらないようにしましょう。

・熱いお風呂には入らないでください。

日焼けをすると、ヒリヒリして熱いお風呂には入れなくなると思いますが、
もし自分は大丈夫でも肌のために、ぬるま湯につかるようにしてください。

熱いお湯に浸かることで、皮膚に刺激を与えてしまいます。
止めましょう。

・日光に当たらないようにしてください。

日焼けした肌を更に日光に当たることで、日焼けが悪化してしまいます。

日焼けが落ち着くまで、外出の際は、日陰を選ぶようにしたり、
日が当たらないように過ごしましょう。

次に日焼けした肌へのケア方法です。

日焼けは火傷の1種なので、火傷と同じケアをしましょう。

冷水につける・冷水タオルをあてて、火照りを鎮めましょう。

ひどい場合は、皮膚科などを受診し、消炎剤を飲みましょう。

痒みが現れても、掻かないでください。

薬などを使って痒みを抑えましょう。

ビタミンCを積極的に摂って肌のケアを外からも中からも行いましょう。

日焼けをしてしまうと、大変なので、やはり日頃から日焼けしないようにすることが大切ですね。

もし日焼けをしてしまった時は、このことを参考にケアしてください。

関連記事
地黒でも肌を白くして美白で美活!


2015年3月5日 日焼けしてしまった時のケア はコメントを受け付けていません。 美肌