北海道の毛ガニボイル済みの美味しい食べ方

北海道の毛ガニボイル済みの美味しい食べ方

冬になるとカニの美味しい季節がやってきた!

待ちに待った季節がやってきた!なんて、カニ大好きファンは歓喜しちゃいますね。

美味しいカニの季節は冬!なんて日本ではよく知られており、

実際にカニの消費量が増えるのは冬の、特に年末年始にかけてなのだそうです。

魚屋さんで見るカニは、どれもこれもむき身は美味しそうで、

丸ごとのカニは、カニ味噌がたーっぷり入っているようで、想像したら生唾ごくり。

そんな経験が皆さんみあるのではないでしょうか?

昔までカニといったら贅沢な品物で、今のように年中買おうと思えば買える時代ではありませんでした。

輸送技術、冷凍技術、冷蔵技術の発達がもたらした恩恵は、

年中カニを食べられる!というような、まさに「時間を操る」ところまで進化したのです。

そんなカニですが、魚屋さんでも、カニを販売する通販サイトでも、

「ボイルカニ」「活〆にしたおいしい活カニ〜「生カニを〜」なんて言葉を目にしたことも多いはずです。

ボイルと、活カニ、生カニ。

どれも似たような言葉ですが、大きく違いがあります。

まず「ボイル」「活ガニ・生カニ」でわけられます。

ボイルはその名のとおり、水揚げした後、お湯で湯がいたカニのことです。

カニを販売する通販サイトで多く売られているのが、この「ボイルカニ」になります。

「活ガニ・生カニ」は水揚げした後、お湯で茹でていないカニ、というところがまず大きな違い。

活カニはまさに生きたままのカニで、鮮度が大事なカニ。

なので、このままの姿で通販サイトなどで売られることはないと思われ、

主に魚屋さん店頭で購入することが多いです。

生カニは生きていませんが、熱処理をしていないカニのことです。

このように違いがありますが、すぐに食べたい場合は「ボイルカニ」を選ぶことをお勧めします。

カニもたくさん種類がありますが、カニ鍋やカニしゃぶよりも、

カニ味噌や甲羅酒を楽しみたい!という通な方は、さらに「毛ガニ」を選ぶのがベストです。
keganihamakaidou

素人がやっても、どうしても美味しくならないボイルを、職人さんの経験でおいしさを極限まで極めた茹で加減で、

毛ガニをボイル。

そこから醸し出される味わいは絶品の一言!

ボイルした毛ガニは、そのまま解凍して食べるのが美味しい食べ方とされています。

三杯酢につけて身は食べて、甲羅をはがしてカニ味噌も味わう、まさに至福の時。

また、ボイルされた毛ガニはそのまま解凍したらすぐに食べられるために、

他の料理に使うのも勿論OKです。

毛ガニの身はカニチャーハン、カニ玉など、カニと名の付く料理にも相性◎です。

是非、ボイルカニをお楽しみください!

◆美味しくて価格も良心的で新鮮なカニの通販サイトを探している方は、浜海道をどうぞ。

新鮮なカニや海産物がたっぷりでお得に購入できますよ。

浜海道のカニのお取り寄せ口コミ!どのカニが美味しい?

u