運動で顔が赤くほてるのを解消するコツ

運動で顔が赤くほてるのを解消するコツ

運動をすると顔が赤くなること、ありますよね。

私も、すぐに赤くなるので恥ずかしいですし、悩んでいました。

そもそも運動をするとなぜ顔が赤くほてるのでしょうか?

調べてみると、どうやら運動をすると体温が高くなり毛細血管が拡張するのですね。

全身の毛細血管が拡張するわけですが、顔の皮膚は特に薄い箇所が多いので、赤くなっていることがわかりやすいことと、手や足より、やはり顔がパッと目に入りますし、印象に残りやすいのですね。

ですから、運動をすると顔だけが赤くほてるのではなく、全身が同じ条件になるわけですが、顔の皮膚が薄いので赤くなっていることが見た目でわかりやすいだけなわけです。

理由は、わかったものの、やはりあまり赤く目立ちたくはないと思うものです。

何か対策がないのか引き続き調べてみました。

1つは、運動を始める前に準備運動なんどきちんとして、体を慣らしてから運動をすることです。

1つは、運動を定期的にして、生活の中に運動を取り入れて血流を普段からよくすることです。

これらをきちんと取り入れると、改善されていくと思います。

しかし実際は、難しい面もあるのではないかと思います。

定期的に運動をすることは良いことですが、忙しい毎日の中で、できない日があるかもしれません。

準備体操も良いことですが、そもそも準備体操の時点で顔が赤くなることも十分にあると思います。

では、どうしたら良いのか?ということになります。

とても良いものを見つけましたよ。

それは「カルグルト」です。

カルグルトは、乳酸菌サプリで、赤ら顔の改善効果があると言われています。

赤ら顔の改善効果があるということで特許取得成分である乳酸菌FK−23菌抽出物が配合されています。
急な温度差による赤ら顔を改善する方法
乳酸菌は善玉菌を増やし腸内環境を整える働きをしてくれるので、便秘改善や肌荒れ、ニキビの改善・予防などの効果も期待できます。

顔が赤くほてることの改善だけでなく、メリットか多く期待できるカルグルトをオススメします。
公式サイト↓
カルグルト

u