花粉症の最新治療法

花粉症の最新治療法

花粉シーズンが到来しました。

毎年、花粉症に悩む人も増えているようです。

辛い花粉症ですが、2014年に舌下免疫療法が可能になりました。

もう1つ免疫療法として、皮下注射があります。
どちらも受けられる人と受けられない人がおり、条件があります。

そもそも免疫療法とは、微量のアレルゲン(この場合はスギ花粉やヒノキ花粉等)を、
反復注射または舌下に投与することで、アレルゲンに対して反応しない状態にすることです。

免疫療法をすることで、アレルギー反応が起こらなくなると言われています。

免疫療法は長期的に治療が続きますが、
これまでの薬では十分な効果のなかった人にも効果が期待できる治療法です。

反面、副作用もあります。

これは個人差がありますし、副作用は出る人と出ない人といますが、
例えば皮下注射の場合は、注射した部位が腫れたり、
じんましんやショック、喘鳴やアナフィラキシーになることもあります。

効果が高いものの、副作用もあるので、最初から免疫療法を選ぶのではなく、予防・他の薬で抑えるなど、
色々な方法を試してみてから考えてもいいのではないでしょうか。

まずは花粉を体内に取り入れないように防ぐことが第一に大切です。

しかし、それは不可能だと思いますので、少しでも体内に取り込むのを減らすようにしてください。

早めに薬の服用を開始し、症状が現れるのを抑えましょう。

色々な方法を試しても効果がない場合、免疫療法を受けるかどうかを医師とよく相談してください。

治療には長い期間がかかり、また頻繁に病院に通わなくてはなりません。

しかし、それだけの効果も得られる人が多いので、どうしたいのか、
自分の希望をよく考えた上で医師とも相談し決めるといいですね。

関連記事
野草専科の口コミ!痩せて美肌になった酵素体験