鼻水、鼻づまりなど花粉症の症状と効果的な対策

鼻水、鼻づまりなど花粉症の症状と効果的な対策

寒い寒い冬が終わるのは嬉しい反面、花粉症の人にとっては、冬の終わりが花粉の始まりの季節として辛く感じるかもしれませんね。

1月の終わりごろから花粉症の症状が現れる方もいると思いますので、花粉症の私自身も春は嬉しいものの、新年を迎える頃には花粉情報のチェックを始めます。

さて、花粉症の症状と効果的な対策を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

花粉症で最も辛い症状はなにか?というアンケートを取った結果、いくつかの回答がありました。

1つは鼻水が辛いことです。

鼻をかんでもかんでも、またすぐに鼻水が出てきますし、仕事中など、その都度鼻をかめないような時もありますよね。

また、鼻をかみすぎて皮膚がヒリヒリしてしまうこともあると思います。

2つ目は目のかゆみです。

花粉による目のかゆみは本当に辛いですよね。

でも目をかくと痛くなり、でも我慢できないかゆみがあるのではないでしょうか。

目がかゆいからと言って、かきすぎたり、かかなくても触り過ぎることで、目にバイキンが入って結膜炎になるということもありますので、注意が必要です。

3つ目はくしゃみです。

人前で、きしゃみが出ると恥ずかしい、仕事中くしゃみがたくさん出て、しんどい等、くしゃみも辛い症状の1つですね。

では、これらの症状に皆さんは、どのような対策をしているのでしょうか。

まず鼻水対策は、マスクの着用と早めに耳鼻科に行き、薬を処方してもらうという方や、市販薬を飲むという方、鼻うがいや甜茶を飲む方など、様々です。

次に、目のかゆみ対策としては、目薬で洗い流すと言う方や病院に行く等、こちらも様々です。

さて、くしゃみについての対策ですが、やはりマスクの着用と薬を飲む等されているようですね。

そこで、お医者さんのオススメ対策を紹介しますね。

鼻水・目のかゆみ・くしゃみ、これら全てに対する対策として、アレルゲンに触れないことが大切です。

花粉の飛沫状況を確認し、可能であれば、多く花粉が飛ぶような日の外出は避けたり、外出しなくてはならない時はマスクの着用とメガネの着用で付着や体内への侵入を避けるようにします。

またマスクは鼻やのどの粘膜の防御と保湿もしてくれるので、良い状態を保つという面で、とても良いそうです。

また室内は加湿をしたり、極端な寒暖差を避けることも大切です。

◆それでもなかなか改善しない鼻水、鼻づまりなど花粉症の症状には、えぞ式すーすー茶をどうぞ。

アレルギーに効果の甜茶や、天然のステロイドと言われる赤しそなど自然素材で効果がある成分がいっぱいのお茶です。

副作用もないですし即効性も期待できる!と口コミで人気です。
えぞ式すーすー茶の効果は?
なお妊娠中や授乳中でも安心して飲めるのも評価が高いです。
公式サイト↓
えぞ式すーすー茶