花粉症でも熱が出ることがある

花粉症でも熱が出ることがある

風邪と花粉症の症状はとても似ています。

しかし、鼻水が風邪は黄色くネバネバなのに対し、花粉症の場合は透明でサラサラしている、風邪の場合は目に痒みを伴うことはないのに対し、花粉症の場合は目が痒くなるなど、症状は似ているが異なるのです。

鼻水と熱が出たら、風邪と思われるかもしれませんが、実は花粉症でも熱が出ることがあります。

しかし、風邪の場合の発熱はウィルスを退治しようとして高熱が出るのに対し、花粉症の場合の熱は風邪の引き始めのような、微熱が続くことがあります。

高熱になることなく、家でも熱も落ち着いているのに外出すると微熱が出て、その症状が続く場合は風邪ではなく花粉症である場合が高いかもしれません。

風邪の症状としてもう1つあるのが喉の痛みです。

風邪の場合、喉の痛みと咳を伴うことが多いですが、花粉症の場合は喉に違和感が出ることはありますが、痛みはあまりありません。

もちろん個人差があるので、季節の変わり目で、花粉症の症状として咳が出たり喉に痛みを感じることもありますが、これは花粉が喉にくっつくことで炎症を起こしての症状であり、喉に痒みを伴うこともあります。

この場合は風邪ではなく花粉症を疑うべきかもしれません。

花粉症の症状として、頭痛・怠い・耳が痛い、痒み・手足の浮腫み・呼吸が苦しくなるなどもあります。

花粉症は早めの対応で症状を緩和させることができます。

すぐに治すことはできないアレルギー性のものですが、正しい治療で楽にはできることが多いので、風邪や花粉症かわからない場合でも、早めに受診すると悪化を防げるかもしれません。
関連記事→鼻水鼻づまり解消法