川島なお美さんの女優魂とガンや長生きについて思うこと

川島なお美さんの女優魂を見習いたいなと
最近、ニュースを見ながら感じています。

2015年9月24日19時55分、胆管がんにより天国に行かれた川島さんは
享年54歳でした。

最後まで、舞台で演じ続けて「舞台で死ねたら幸せ」ともおっしゃっていたそうです。

女優冥利につきるのかな・・・

私も、死ぬまぎわまで、ブログやメルマガを書き続けたいと思っていたので
共感しました。

激やせしても最後まで美しくも激しく生きていた「川島なお美」さんを尊敬しました。

川島さんは、自分の運命に気づいて、どんな気持ちで生きていたんでしょうね。

後悔しない人生を送られたのではないかなと推測します。
いまごろは、天国で笑っていらっしゃるかもですね。

ただ、もしも川島さんが、ガンになる前に可能性に気づいて予防していたら、また違った人生になったのかなとも考えていました。

がんになる可能性とか何歳くらいまで生きれるのかとか、わからないままより、少しでも早く情報が得られたら、予防とかできるからもっと長生きできたのかもしれないなとも感じました。

なぜなら今は、遺伝子検査のマイコードというキットで自宅で簡単に、自分が長生きできるかとか、ガンになる可能性とか、いろんな未来が見えてきます。

検査が一生に一度だけでいいのもいいなと思います。
唾液をとって送るだけだから、忙しくても空いた時間に可能ですしね。

AKB48マラソン部の小嶋菜月さんも長生きできるかをマイコードで調べたみたいです。
詳しくは→マイコードは、長生きできるかもわかるの?

私も自分がかかりやすい病気の可能性や何歳まで生きれるかなど気になるので調べてみたいなと考えていましたよ。