デリケートゾーンの痒み対策

デリケートゾーンの痒み対策

女性の悩みの中に、デリケートゾーンの痒みがあります。

生理中などの一時的なものもあれば、何年も前から痒みに悩まされているという方もいます。

市販薬でデリケートゾーンの痒みによいものも売られていますが、これも合う人と合わない人に分かれるようです。

そこで、今回は人には相談しにくいデリケートゾーンの痒みについて、その対策をまとめてみました。

まず、痒みの原因はいくつか種類があります。

・ムレによるもの、下着などの摩擦やぴったりとフィットするジーンズなどによる締めつけ

・ホルモンバランスの乱れ

・カンジダ菌などによる感染

などです。

これらの原因に合わせた改善方法をこれからご紹介しますね。

まずは、ムレによるものです。

これは、まずは下着の素材の見直しが有効です。

綿素材やちょっと贅沢にシルクなどの下着に変えてみてください。

そして、あまりタイトすぎるものは素材を変えてもムレの原因となりますので、ある程度ゆとりのあるものがおすすめです。

補正下着やスキニ—ジーンズなど締めつけるタイプのものもムレや摩擦によるかぶれにつながりますので、避けたほうがよいでしょう。

また、生理ナプキンなども肌に合わない場合は痒くなったりかぶれたりしますので、ご自分の肌に合うナプキンに変えましょう。

ナプキンはこまめに変えて清潔を保つということも大切です。

市販のナプキンでは痒みがでるという方は、思い切って布ナプキンに変えてみるというのもいいですよ。

次に、ホルモンバランスの乱れが原因の場合です。

ホルモンバランスは、不規則な生活や偏った食生活、ストレスなどによって簡単に乱れてしまいます。

ムレや下着の締め付けなどの原因に心あたりがないのにデリケートゾーンに痒みがある場合は、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

ホルモンバランスが乱れる更年期にも、入浴後などの身体が温まったときにかゆみが起きることがあります。

このような場合は、まずは規則正しい生活と十分な睡眠、ストレス解消を心がけ、食生活においては女性ホルモンのひとつのエストロゲン様の作用がある大豆イソフラボンがレシピに加わるように工夫します。

豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品をうまく利用するといいですよ。

そして最後の感染による痒みの場合ですが、これは病院に行きましょう。

感染による場合は、おりものの色や状態がいつもと違っていたり臭いがキツイというということがサインです。

これは放置しておいても治らないどころかひどくなってしまいますので、恥ずかしがらずに必ず受診してくださいね。

以上がデリケートゾーンの原因別痒み対策となりますが、スキンケアのおすすめもいくつかあります。

肌にやさしく十分な保湿ケアができる「アトピスマイルクリーム」の利用です。
アトピスマイルの口コミ

肌のバリア機能を正常に保てればちょっとした刺激ですぐに痒くなるといったことを防ぐことができますので、アトピスマイルでの保湿ケアはとてもおすすめとなります。

100%無添加の自然素材(お米由来)なのでデリケートゾーンでも安心して使えますし、もちろん全身に使えます。

肌バリア機能が修復されるとばい菌や異物が入りにくくなりますので、根本から改善できますよ。

デリケートゾーンには入浴後に優しく塗って使うと効果的です。
公式サイト↓


それでもかゆみが回復しないという時は、入浴時に、 みんなの肌潤糖を使うと効果的です。

かゆみがある部分にペースト状にした「みんなの肌潤糖」で優しくマッサージします。
2〜3分おいて、ぬるま湯でさっと流すのがコツですよ。

裏技としてみんなの肌潤糖を入浴剤のようにお風呂に入れて全身に潤いを行き渡らせるという方法もあります。

あるいは、今は入浴剤の「 みんなの肌潤風呂」もあります。
塩素を除去して全身の潤いをアップしますから、かゆみも軽減しやすいです。

公式サイト↓
みんなの肌潤風呂

自分が使いやすい形態の保湿スキンケアアイテムを選ぶといいですね。