コレステロールとお肌の関係

コレステロールとお肌の関係

コレステロールは、なにかと悪者扱いされていませんか?

確かに、コレステロールの摂り過ぎはよくありません。

しかし、コレステロールは、体内で細胞膜を作ったり、
ホルモンの材料になるので、体にとってとても大切な役割があります

反面、摂り過ぎると、生活習慣病にかかりやすくなったり、
吹き出物など肌トラブルも起こりやすくなります。

では、どうしたらいいのでしょう?

肉や魚、卵など動物性の食品を多く摂り過ぎると、
コレステロールが過剰に増えてしまいます

この食生活を続けていると、体は酸性になり、
肌には吹き出物など出やすくなり肌トラブルが起こります。

是非、試してみていただきたいのですが、動物性食品と白砂糖や白米などの精製食品を控え、
玄米や野菜、大豆製品でタンパク質を摂るようにすると、健康にもなれますし、肌がキレイになります。

これには理由があり、体にとって不要なコレステロールが減少するので、
血液の汚れた状態が解消されるからと言われています。

個人差がありますし、短期間効果が現れるかわかりませんが、
是非、実感していただきたいと思います。

しかし、玄米に野菜、タンパク質は主に大豆製品から摂るとなると、
大変だとも思います。

ここまで徹底するのは難しいと思いますので、
普段から少しの心掛けだけでも肌や体に変化があると思いますので、
長期戦と思って始めてみてはいかがでしょうか。

関連サイト
ハーブコスメ!オラクルの評判と口コミ