更年期障害の辛い症状を少しでも改善

更年期障害の辛い症状を少しでも改善するためにしたいことを書きます。

個人差がありますが、だいたい45歳〜55歳くらいまでの間に更年期を迎える方が多いと考えられます。

女性が閉経する前後5年の計10年間が更年期障害が現れる時期と考えられるからです。

更年期障害に、よくみられる症状は
・ほてりやのぼせ、多汗
・頭痛
・めまいや耳鳴り
・肩凝り
・不眠
・不安感や疲労感
・イライラや焦り
・物忘れや集中力の欠如
です。

おおよそ該当する年齢で、上記のような症状が現れたら、それは更年期障害かもしれません。
他に何か病気の可能性もありますので、自己判断は止めましょう。

さて、更年期障害の一般的な治療法ですが、薬物治療と心理療法があります。

薬物による治療は、ホルモン補充治療です。
足りなくなったホルモンを補充する方法と、漢方薬で、いま現れている症状をターゲットに作用するというよりも体質を改善することで様々な症状を緩和する効果を狙い治療に使います。

次に心理療法です。
心理療法では、抗鬱剤や睡眠導入剤等の薬が有効とされ、同時に心理療法の中の「認知行動療法」を使用したり、カウンセリングを受けるなどをします。

これらの他に、アロマテラピーや自律訓練法等を行い、実利神経に働きかけて症状の緩和や症状を起こりにくくするための訓練が並行して行われることもあるようです。

いずれにしても、これらの治療は医療機関を受診してからになりますので、症状が心配な場合や気になる場合など、専門の医療機関を受診するといいですね。

病院に行くほどではないけれど、更年期障害が気になる方は、若返って肌も綺麗になると人気のサプリメントを飲むといいです。

マカプラセンタも良かったです。
マカとプラセンタの相乗効果で女性ホルモンのバランスをよくして更年期を乗り越えやすいです。

あるいは糖尿病や高血圧にも良いと人気の白井田七も良いです。
サポニンの力で血液をサラサラにします。

yu