更年期の吐き気や食欲不振の原因と対策方法

更年期の吐き気や食欲不振の原因と対策方法

更年期は女性が閉経前後にホルモンバランスが崩れてしまうことによって起こることを言います。

更年期と、聞いて女性の症状だと思われている方は多いと思いますが、男性にも更年期症状が起こります。

更年期で起こる症状は、不健康な症状だと考えてください。

閉経によって、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が低下します。

分泌が低下することにより症状が現れるのが、更年期です。

このとき、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌は上昇しています。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌が低下しているので「分泌しないと」と卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌は上昇するのです。

このエストロゲンの分泌の低下によって身体に起こる症状として、吐き気や食欲不振があります。

ホルモンバランスの崩れにより自律神経にも影響を及びます。

そのため、胃腸がうまく働かず吐き気や食欲不振に陥ります。

吐き気は急にくるので、不安を抱えている方も多いと思います。

吐き気や食欲不振により低栄養状態になると、やる気を失い動くこともおっくうになり、ますます更年期症状が悪化していきます。

また、更年期症状のひとつに、めまいがあります。

めまいが続くと吐き気を催すこともあります。

吐き気から実際に嘔吐してしまうこともあります。

嘔吐は一度にたくさんのミネラルを失うため低張性脱水になります。

低張性脱水は血中ナトリウム濃度が低下している状態なので、嘔吐してしまったら水ではなく、スポーツドリンクなどのミネラルを含んだものを摂取するように心がけましょう。

また、吐き気や嘔吐してしまった場合、深呼吸などをし気持ちを落ち着かせるのが大切です。

更年期症状の食欲不振の対策としては、毎日ストレッチやヨガ、軽い運動をし、体を動かすことでエネルギーを消費しましょう。

そうすれば、自然に食欲がわいてきます。

それに、ストレス解消にもなり落ち込んだ気持も晴れてきます。

朝のウォーキングなどがオススメです。

朝日を浴びることで、セロトニンという幸せホルモンが分泌されるからです。

また、更年期症状で効果的な食べ物としては、大豆製品です。

エストロゲンと同じ働きをする、大豆イソフラボンを食事から摂取するよう心がけましょう。

吐き気がひどい場合や食欲不振がひどい場合、水分補給をしっかりして安静にしましょう。

あまりにひどい時は、病院を受診する方がいいです。

食事は病気を治すと言われています。

大豆イソフラボンだけに限らず、バランスよく食事をすることが何より大切です。

◆食事や生活習慣を改善しても、なかなか思うように更年期障害が解消しないときは、白井田七(しらいでんしち)を飲むと効果的です。

普通の高麗人参の7倍のサポニンのパワーで血液をサラサラにして更年期障害も改善!と口コミ評価も高いからです。
白井田七の口コミ評価!更年期障害改善効果とその理由

ビタミンやミネラル補給で栄養補給にもつながります。

更年期障害の諸症状だけでなく、例えば、糖尿病・貧血・痛風・肝臓病・高血圧・高脂血症などで悩んでいる方にも効果!と評判もよいです。
公式サイト↓
更年期

us