マインドガードDXの粒タイプとドリンク、どちらを選ぶと良い?

マインドガードDXの粒タイプとドリンク、どちらを選ぶと良い?

あなたは毎晩、質の良い睡眠が取れていますか?

私は、子供の頃からたっぷり睡眠を取るタイプでした。

大人になってからも、それは変わらず、長時間睡眠を取らないと体調を崩します。

しかし大人になると仕事や家族の事情など、自分の思うように睡眠時間を確保できなくなりがちです。

睡眠不足が続くようになったり、子供に夜中起こされることもあり、まとまった睡眠を取れなくなったりもしました。

そのうち寝つきが悪くなったり、体調を崩し病院に行くと、薬を使ってでもきちんと寝なさいと言われました。

でも薬を使いたくなかったので、小刻みながらも睡眠を取るようにしたり体を休めるようにしたりして過ごしています。

そんな時、マインガードのことを知りました。

睡眠サプリメントとして評価が高く、薬ではないので私抵抗なく摂れるなという印象です。

このマインガードDXは、液体タイプと最近タブレットタイプが発売され2種類になりました。

粒タイプとドリンクタイプ、どちらがどのように良いのでしょうか。

それぞれ比較してみたいと思います。

まずドリンクタイプは、吸収率が良いことがメリットです。

質の良い睡眠のため様々な成分が配合されていますが、それを飲んでも体に吸収されるのが少なければ意味がありませんよね。

ドリンクタイプですと、吸収率が高く、休息成分をしっかり実感できるようにこだわって作られた商品です。

しかしドリンクタイプは、出張や旅行となると携帯の面で不便ですよね。

その点、タブレットタイプは携帯に便利です。

マインガードDXタブレットは、1箱60粒入りで、1日2~4粒が摂取目安量となっており、2週間~1か月使えます。

ドリンクタイプは、心の青汁マインガードDXの他の内容量は500mlとなっており、1日あたり15~30mlが摂取目安量となっているので、タブレットと同様で2週間~1か月分となります。

配合されている成分については、ドリンクタイプもタブレットも、どちらも天然ハーブのノニやクワンソウを始め違いはありません。

タブレットタイプは、ドリンクタイプと比べると吸収率が少し劣ると言われています。

そのデメリットを補うためにドリンクタイプよりクワンソウを2.5倍濃縮したものを配合するという工夫されています。

ですから、実感力はどちらも大差がないと考えられます。

ですから、飲みやすさや好みで選んでも良いかなと思いますよ。
こころの青汁を通販でお得に購入する方法

どちらも、ビタミンやミネラル、アミノ酸など豊富に配合されており、抗酸化作用の高いトランスレスベラトロールも含まれています。

ですから不眠改善だけでなく美容健康にも良いサプリメントだと言えますよ。

上手く眠れないのって辛いですよね?

少しでも心を軽くするためにマインドガードDX、試してみてはいかがですか?

粒タイプ公式サイト⇩
マインドガードDX粒タイプ

ドリンクタイプ公式サイト⇩
マインドガード
rU