年をとると夏バテしやすいのはなぜ?解決には?

年をとると夏バテしやすいのはなぜ?解決には?

毎日暑い日が続いていますが、体調を崩していないでしょうか?

夏になると、食欲の低下や動きたくなくなったり、いわゆる「夏バテ」になりますよね。

特に、中高年になると、今まで以上に夏を辛く感じたり、倦怠感に悩まされるということがあるようです。

実際、私も若い頃は夏の暑さを辛いと感じたことはなく、どんなに暑くても食欲が低下することはありませんでしたし、倦怠感も感じたことはありません。

夏バテという言葉とは無縁の毎日でした。

それが、いつからか夏が辛く感じるようになり、梅雨時期からすでに夏バテのような症状が時々現れます。

少し暑い日が続いただけで食欲は低下し、倦怠感を感じる時もあります。

中年になり、仕方がない面もありますが、だからと言って毎日冷たいものだけ食べて寝て過ごすわけにはいきませんね。

そこで、今回は、なぜ中高年は夏バテしやすいのか?また対処法を紹介します。

中高年が夏バテしやすい原因は、やはり体の衰えです。

体の老化で基礎代謝は低下し、様々な機能の弱まりが原因とされています。

また長年溜まった精神的ストレスで体がだるい時に後押しするような気持が出てこなくなり、夏バテの症状を引き起こしてしまうのですね。

理由はわかったものの、夏バテしたからと言って、体を動かさずに、また食事もおろそかにすると、更に体に負担をかけてしまいますので注意が必要です。

では、どうしたら良いのでしょうか?

対処法を紹介します。

1つ目は、運動をしましょう。

適度な運動をすることで、代謝機能が整い、健康維持の期待が持てます。

また運動することで汗腺を刺激し、正常な発汗を促すので、日常生活の中で体温調節を整える効果も期待できます。

2つ目は、スパイシーな食事を摂ることです。

夏バテすると、冷たい麺類など栄養価が低いものばかり食べがちになります。

しかし、これでは夏バテを改善できません。

そこでスパイスを使って刺激の入った食事にすることで食欲を増進させ、栄養をしっかり摂るようにすると良いですよ。

いつもの料理にスパイスを加えてみるといいですね。

いかがでしょうか。

代謝能力が低下する中高年は夏バテしやすくなりますので、普段から気を付けて体の調子を整えるように努力するといいですね。

夏バテだから夏が終われば大丈夫というものでもありません。

夏バテが長引くと、様々な病気にもかかりやすくなるので気を付けてください。

夏バテ防止や改善に色々と試したけれど、どうも改善されないという方に「海乳ex」をオススメします。
海乳(かいにゅう)EXの口コミと効果
栄養価が高く、夏バテ以外にも、男女ともに更年期障害の改善や薄毛改善、精力アップや二日酔いの解消などにも効果的です。

男女共に効果のある海乳exなので、ご夫婦で摂られてはいかがでしょうか。
公式サイト↓
海乳EX【定期ロングバージョンバナー】

u