おデブ一直線の寝る時のNG行動

おデブ一直線の寝る時のNG行動を止めましょう

健康のため、お肌のため、ダイエットのためなど、色々なことにとって睡眠は大切です。
しかし、睡眠は長い時間取ることだけではなく質がよくなければよくありません。
寝るときの、少しのことが睡眠の質を下げていたり、肥満につながることがあります。
睡眠時に、避けたい行動を3つ紹介します。

1つ目は、豆電球をつけて寝ることです。
夜、寝るときに電気を完全に消して寝る人と、豆電球程度の明るさで寝ている人とを比較した研究によると、豆電球をつけて寝ている人の方が肥満の割合が多いことが明らかになっています。

豆電球くらいの明るさでも睡眠が浅くなり、肥満度が高くなることがわかっています。
夜、寝るときは部屋を真っ暗にして寝ましょう。

2つ目は、歌詞入りの音楽をかけることです。

睡眠に良いと謳っているCDが売られていると思います。
落ち着いたクラッシックなども良いでしょう。
気持ちが落ち着いて、良い睡眠を取れると考えられます。
しかし歌詞の入った音楽や、好きなアーティストの歌はよくありません。
声が頭に入り、脳が活性化してしまうので、眠りが浅くなってしまい、肥満のもとになります。
このような歌は、寝るときではなく、目覚めの曲として聞くようにすると良いですね。

3つ目は、下半身を冷やさないことです。
暑い夏は、特に要注意なのが寝るときの衣類です。
暑いと、ショートパンツなどを着たくなるかもしれませんが、脚が冷えてしまい、血行が悪くなります。
冷えは、ダイエットにも健康にもよくありません。
暑い夏も、特に下半身は冷やさないものを着て寝ましょう。

寝るときの少しのことで、肥満を招いてしまうことがあるのですね。
太る原因を作らないで、質の良い睡眠を取りたいですね。

◆それでもなかなか熟睡できない時は、こころの青汁マインドガードDXを飲んでみてください。

休息ハーブのノニやクワンソウなどのパワーで、熟睡に導いてお肌もキレイになって健康にもダイエットにも良いですよ。
休息ハーブのノニのマインドガードDXで安眠