妊娠線を予防、改善するコツ

妊娠線は、妊娠中に急にお腹が大きくなることで皮膚が伸びて起こります。
体重増加やお肌の乾燥が原因で、妊娠後期の妊婦さんが多く悩んでいますが、産後のママさんも悩んでいます。
お腹だけでなく、胸やヒップにも出ることがあります。
今日は、妊娠線を予防、改善するコツをお話します。

○体重を適正に
妊娠後期になると、急にお腹が減ってどか食いする方がいます。
急に体重が増えると、妊娠線ができやすいので、体重の急な増加に気をつけましょう。
野菜をたっぷりとって、低カロリーのタンパク質中心の食事にします。
大豆食品は、低カロリーでホルモンのバランスもよくしてくれます。

○腸を整える
妊娠中はお腹が大きくなり、便秘になりやすくなります。
食物繊維が多い食品を摂り、便秘にならない体を作りましょう。
食事で野菜を摂る場合、サラダだけではなく、さつまいも、ごぼう、にんじん、れんこんなどの根野菜も食べましょうね。
納豆やヨーグルト、チーズのような発酵食品を毎日食べると、腸の調子がよくなります。
腸が綺麗になると、冷え性も改善できるので、お肌の乾燥が防げます。

○保湿クリームで乾燥肌を改善
お肌の乾燥を防ぐために、保湿成分が入ったクリームでマッサージしましょう。
皮膚がやわらかくなれば、伸びやすくひびができません。
できるだけ無添加のクリームを使いましょう。

★妊娠線や肉割れやセルライトにおすすめの無添加のボディクリームは、ノコアです。
私も毎日使っていますが、伸びがよくてとてもいいです。
顔にも使える高級美容液みたいな保湿ボディクリームなのです。
レビュー→ノコア(NOCOR)の口コミ!肉割れ、妊娠線、セルライト改善効果!

お天気がいい日は、外を散歩してみませんか?
体重管理にもいいし、心がリラックスします。
無理をしないで、少しずつやっていきましょうね。
マッサージを続けると、妊娠線が予防できます。

夏になってもカサカサアトピー肌

夏になってもカサカサで肌荒れしがちな
アトピー肌は、保湿スキンケアには
気を使いますよね。

普通のクリームやオイルを塗っても
塗っても、なかなか浸透せずに
カサカサでかゆみは、増すばかり・・

これって、肌のバリア機能が
壊れているからだそうです。

肌のバリア機能を修復できるくらい
角質の奥まで保湿成分が浸透するのが
アトピーの保湿のコツみたいですよ。

それで、強力に保湿して
肌のバリア機能を修復すると
口コミでも人気なのが肌潤糖ですよ。
みんなの肌潤糖でアトピーも改善
100%自然素材なので安心なのです。

花の香りの無添加化粧品がいいなと思うので

花の香りの無添加化粧品がいいなと思うので
選ぶのは、いつもそういうのばかりになりますよ。

ただ、無添加で植物成分100%でも
かぶれて使えないものも多いですね。

コンビニで買った無添加の化粧品で
酷い目にあったことがあります。

あの時以来、私は、コンビニでは
基礎化粧品は、買っていないです。

アトピーで敏感肌の私でも
安心して使えて、肌にハリと透明感と
潤いをもたらしてくれた上に
花の自然な香りでオーガニックな
優良な無添加化粧品だと感動したのが
ハーブコスメのオラクル化粧品です。
口コミでも人気ですね。

お気に入りで、使い続けたいなと思いましたよ。

授乳中のママの悩み

授乳中のママの悩みは、いろいろですね。

母乳の量が足りなかったりすると
赤ちゃんのご機嫌も悪いですし
育ちにも影響します。

ミルクも飲んでくれるといいですが
なかなか飲みたがらない赤ちゃんもいます。

授乳でバストが垂れてきてしまう悩みもありますね。

私も、乳腺炎になりかけたりと大変でしたよ。
バストもきちんとブラジャーをしておかないと
後から垂れてきます。

いつも綺麗でいたくても、毎日が寝る時間も
ないくらい忙しいのが、授乳中ママの現状です。

授乳中ママや産後のママの悩み解決に役立つのが
こちらのサイトです。
授乳中や産後ママの悩み解決のコツ