レシチンとコレステロールの関係

レシチンとコレステロールの関係

レシチンという言葉を聞いたことがありますか?
それは栄養素の1つです。

レシチンにはコレステロールを除去してくれる働きがあります。

レシチンを摂ることによって、吹き出物なども減ると言われています。

これもレシチンがコレステロールを除去してくれる作用があるからですね。

レシチンには血液サラサラ効果があります。

それは、レシチンを摂ることによって、
血管壁にへばりついたコレステロールや血液中の中性脂肪を除去してくれる作用があります。

ですから、レシチンを摂ると、血液はサラサラになり、
血管が詰まることから起こる高血圧や動脈硬化、高脂血症の予防効果があるのですね。

では、レシチンが不足するとどうなるのでしょう?
疲労・免疫力低下・不眠・動脈硬化・糖尿病・記憶力の低下・悪玉コレステロールの沈着・ニキビなど、
吹き出物が出やすくなります。

レシチン、大切ですね。

そんなレシチンを摂取しやすい食べ物を紹介します。

大豆や豆腐など大豆の加工食品・卵黄・ピーナッツ・穀類・緑黄色野菜・レバー類・ごま油やコーン油・小魚・鰻です。

卵や小魚、鰻や油など、どれもコレステロールを多く含んでいて体に悪そうなイメージですよね。

その通りで、卵黄はレシチンを多く含む反面、コレステロールも非常に多く含んでいます。

コレステロールが気になる場合は、大豆の加工品を積極的に摂るようにすると安心です。

レシチンを積極的に摂って健康で美肌になりましょう。

関連サイト
田七人参で肌や髪のトラブル原因の低血圧も改善