老廃物は体に悪いの?

老廃物は体に悪いの?

最近よくデトックスという言葉や老廃物という言葉を聞きます。

老廃物が体内にあると体にどのようなことが起こるのでしょうか?

デトックスしないと、体によくないのでしょうか?

食べものから摂った栄養は、血管を通じて細胞へ向かいます。

細胞内で化学反応が起こりエネルギーになります。

ここでアンモニアや二酸化炭素などの残りカスや腸内細菌の死骸などを老廃物と呼んでいます。

この老廃物は、尿や汗、便などで体の外へ排出されますが、
うまく排出されずに体内に溜めこんでおくと体に悪影響を及ぼします

老廃物には、毒素や疲労物質があるので、体に痛みや疲労感が現れます。

肩凝りや倦怠感、蕁麻疹などが出る原因の1つとされています。

また老廃物と水分も排出されますが、
これもうまくできないと浮腫みや冷え性の原因になることも考えられます。

それだけでなく、老廃物を溜めてしまうと、体は必要な栄養を吸収することも難しくなり、
体は栄養が吸収されなくなるので、防衛機能が働き、
脂肪などのエネルギー源を確保し溜めてしまうので、太りやすくなってしまいます。

食生活や運動、水分摂取などを見直し改善していくことで、老廃物を上手に排出していきましょう。

老廃物が体内にあることでメリットはありません。

自分の生活全般を見直し、誤っているところを見付けるところから始めませんか。

関連記事
活性酸素除去の方法