シミ・そばかすの種類別対処法

シミ・そばかすの種類別対処法

シミやそばかすには、種類があります。

種類によって対処法も異なりますので、それぞれの対処法を紹介します。

まずは、一般的な、紫外線を受けたことによってできるシミ「老人性色素斑」です。

このシミの対処法は、美白用スキンケアやピーリング洗顔などが効果的です。

しかしピーリングは正しく行うことで高い効果が得られる反面、
使い方を誤ると肌トラブルを招くこともあるので、使用する際は、
用法・容量を守るようにしましょう。

次に、シミが発達して表面が盛り上がってしまった凸凹のシミ「脂漏性角化症」です。

これは、自宅のケアでは難しいので、レーザー治療を受けることが望ましいです。

3つ目は、ニキビ跡がシミに変化してしまった「炎症性色素沈着」です。

これは、時間の経過とともに自然に消えることが多いので、しばらく様子を見ていてもいいでしょう。

しかし早く消したいという場合は、ピーリング洗顔をお勧めします。

4つ目は、小さなシミが広範囲に散らばってできた、そばかす「雀卵斑」です。

対処法は、ビタミンCやL-システインが有効成分と言われています。

美白系のスキンケア商品を使ったり、サプリメントで摂るのもいいですね。

パックをする場合も美白目的のものを使うといいでしょう。

このように、一言に「シミ・そばかす」と言いましても種類によって対処法が異なります。

まずは、ご自身の種類を知り、それに合う対処法を行ってみてください。

その他にも食生活なども整ったものにしてくださいね。

関連記事
hanaオーガニック日焼け止め(UVミルク)とムーンナイトミルク


2015年3月2日 シミ・そばかすの種類別対処法 はコメントを受け付けていません。 美肌