シリコンが悪いわけではない?シャンプー選びの注意点

シリコンが悪いわけではない?シャンプー選びの注意点

シャンプーを選ぶ時、どのようなことを基準に選んでいますか。

最近、ノンシリコンが髪に良いということで話題になっていますが、シリコン入りのシャンプーは髪によくないのでしょうか。

そもそもシリコンは、毛穴に詰まるからよくないという噂が流れていましたが、このようなことはありません。

シリコンは、毛穴に詰まるから髪によくないという噂は事実ではありませので、気にしなくて問題ありません。

シャンプー選びの注意点は、シリコンやノンシリコンより界面活性剤です。

洗浄力の強い界面活性剤が入っているシャンプーで髪を洗うと、汚れはよく落ちるかもしれませんが、反面頭皮に対するダメージが強く、薄毛や頭皮の荒れなどトラブルの原因にもなりかねません。

ですから、シャンプーを選ぶ時は、シリコンやノンシリコンの前に、どのような界面活性剤が使われているかを確認することが大切です。

例えば、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naという成分は、高級アルコール界面活性剤の代表的なもので、これらの成分は洗浄力が非常に強いので、その分、頭皮の脂を過剰にとってしまうのです。

シャンプーすることにより、皮脂が必要上に奪われてしまうと、頭皮は皮脂が足りなくなり過剰分泌してしまうので、皮脂バランスが崩れトラブルが起きてしまいます。

では、具体的にお勧めのシャンプー選びのポイントですが、アミノ酸系界面活性剤が配合されたものを選ぶようにしましょう。

成分としましては、ココイルグルタミン酸やココイルアラニンなどです。

髪の健康は、まず正しいシャンプー選びから始めましょう。

◆なお、薄毛や抜け毛に悩む方にぴったりなのは、マイナチュレシャンプーです。
マイナチュレシャンプーの効果
アミノ酸系のシャンプーで、なおかつ育毛成分も含まれていて、有害な成分は無添加ですから、髪や頭皮に優しいのが特徴です。

産後の抜け毛にも効果的!と人気です。
もちろん抜け毛ではなくても将来の抜け毛予防でも使えます。
公式サイト↓
臭い訴求

男性の薄毛や抜け毛に悩む方にぴったりなシャンプーは、→「ウーマ(U-MA)シャンプー」です。

馬油がメイン成分のアミノ酸系のシャンプーです。