食べ物による紫外線対策

食べ物による紫外線対策

紫外線カットは化粧品や衣類、帽子や日傘などだけと思っていませんか?

体の中からのケアも、とても大切です。

紫外線を浴びると、コラーゲンや活性化酸素が増えるので、体の栄養素は足りなくなります。

そこで、強い紫外線を浴びない季節でも、
紫外線が強くなる時期に備えて様々な栄養を摂っておくことが大切です。

例えば、ビタミンCは、コラーゲン合成の促進作用があります。
豊富に含まれている食材は、ブロッコリー・カリフラワー・イチゴ・赤ピーマン・芽キャベツです。

次に、β-カロテンは、活性酸素を抑えてくれるだけでなく、代謝された分のビタミンAになってくれます。

豊富に含まれている食材は、ほうれん草・小松菜・モロヘイヤ・しゅんぎくです。

ビタミンB2は、皮膚の代謝を高めてくれます。

豊富に含まれている食材は、レバー・うなぎ・かき・鶏のささみです。

最後にアミノ酸ですが、不メラニンの生成を抑えてくれて、できたメラニンを少なくする働きがあります。

これは、シミの抑制効果といえるでしょう。

豊富に含まれている食材は、ハチミツ・ネギ・卵・豚ヒレ肉です。

このように、夏場だけでなく、年間通して様々な栄養を摂り蓄えておくことで、
紫外線を浴びても負けない肌と体を作っておきましょう。

関連記事
肌に優しい紫外線対策!UVケア