妊娠中や授乳中の敏感になった肌にもビタブリッドCフェイスは安心して使える?

妊娠中や授乳中の敏感になった肌にもビタブリッドCフェイスは安心して使える?

妊娠中や授乳中、お肌の調子が悪くなったという経験がある方いませんか?

きっと多くの方が妊娠中や授乳中に肌トラブルを起こして悩んだ経験があると思います。

私も、妊娠する前までは化粧品で肌トラブルが起こるということはありませんでしたし、比較的お肌は強い方だと思っていました。

しかし妊娠してから、それまで使っていた化粧品が突然合わなくなったり、ニキビがたくさんできるようになったり、とにかく肌トラブル続きでした。

どうやら、妊娠中は、新陳代謝が活発になり、メラニン色素も増加のけいこうとなり、肌の悩みが増えるようです。

それまで使っていたスキンケアが合わなくなったり、ニキビができやすくなったりもしました。

アトピー症状が悪化する等、色々あると知り私もその1人でしたし「妊婦あるある」なんだなと思いました。

肌の状態が今までと変わってしまうと、スキンケアを見直そうかと思うこともあるかもしれません。

しかし美肌用のサプリメント等の使用は控えたいものです。

それに化粧水にしても妊娠中は、有害な成分が万が一入っていたら、それが皮膚から吸収され血液に混ざり全身を巡ることになるので、あまり気軽に変えることはできないと思います。

また妊娠中は、メラニンの増加により、シミもできやくなりますし、悪阻で食べものが偏ったりして、乾燥肌になることもあります。

もう、妊娠中や授乳中は肌とラフルがあっても諦めるしかないのかなと、少し開き直ってしまった私ですが、良いアイテムを知ったので紹介しますね。

「ビタブリッドCフェイス」です。 「妊娠中や授乳中の敏感になった肌にもビタブリッドCフェイスは安心して使える?」の続きを読む…

ビタブリッドCフェイスとビタブリットCスキンの違いを比較!どう使い分けるの?

ビタブリッドCフェイスとビタブリットCスキンの違いを比較!どう使い分けるの?

ビタブリッドCとは、本物のビタミンCを浸透させることができる画期的なアイテムです。

一般的な化粧品に配合されているビタミンCは、本物のビタミンCではなくビタミンC誘導体というものです。

ビタミンCは酸化しやすいので、本物を化粧品に配合することは難しいとされています。

それを可能にしたのがビタブリッドCです。

このビタブリッドCには、顔用の「ビタブリッドCフェイス」とボディ用の「ビタブリッドCスキン」の2種類があります。

顔用とボディ用があるということは、やはり顔と身体で使い分けた方が良いということなのでしょうか。

どちらか片方で全身使うことはよくないのでしょうか。

それぞれの違いなどを調べたので紹介しますね。
「ビタブリッドCフェイスとビタブリットCスキンの違いを比較!どう使い分けるの?」の続きを読む…