緊張で汗が吹き出す多汗症!効果的な制汗対策は?

緊張で汗が吹き出す多汗症!効果的な制汗対策は?

多汗症という言葉を聞いたことはありますか?

その文字の通り、たくさん汗をかくことですね。

仕事などで人前で話す時や慣れないことで緊張したときなど大量に汗をかくことはありませんか?

もし、理由は色々あるかもしれませんが、緊張するたびに大量に汗をかくようでしたら、多汗症かもしれません。

多汗症とは、通常の人と比べて、緊張やストレスを感じた時などに、大量に汗をかきます。

暑い時や運動をしたときなども、多く汗をかますが、普通汗をかかないような場面でも汗をかいてしまう(緊張やストレスなど)ことが多汗症の特徴です。

ホルモンバランスの乱れや汗腺の異常などが原因と言われていますが、多汗症の人は特に手汗や顔汗が多く、人によりシャワーを浴びた後のような状態になるとも言われているので、それはやはりなんとかしたいですよね。

多汗症の対策がいつくかあるので紹介します。

1つは体質改善です。

ホルモンバランスの乱れについては、自分で調整することは難しいですが、運動やお風呂に入るなどの行為で汗腺を刺激して、汗のかき具合を正常にしていきましょう。

2つ目は食生活の改善です。

同じ汗をかくとしても、ベタベタな汗よりサラサラな汗の方がいいですよね。

肉類など脂を多くとると、べとべとな汗になる原因になります。

脂をなるべく摂らないようにして、サラサラな汗に変えていきましょう。

3つ目は水を飲むことです。

水分を摂ると、更に汗をかくような気がしますが、反対です。

体内の水分が不足すると、体温調節機能がうまく働かなくなり、汗をかいて調節しようとします。

ですから、体内に水分を補給することで、正常な状態に維持していきます。

他にも水分をまめに摂ることで、汗がサラサラにものになり、サラサラに汗は自然に蒸発しやすいので、早く乾いたり、精神的にも楽になれますね。

4つ目は汗を拭きとることです。

汗をかいたら、こまめに拭きとることが大切です。

特に脂っほい汗を多くかく場合、汗をかいたらすぐに拭き取らないと、その汗が毛穴に詰まり、余計な発汗を促す原因になってしまいます。

毛穴が詰まると、その詰まりを改善しようとする働きが出るのですね。

5つ目は制汗剤の使用です。

どうしても無理な時は、制汗剤を使用も止むをえません。

しかし、制汗剤は使いすぎると、肌によくありません。

「どうしても!」という大切な時は制汗剤を使って乗り切りましょう。

多汗症か、そうでないか自分で判断するのは難しいです。

多汗症ではなくても、緊張したりすると汗をかくものです。

どうしても辛いようでしたら、受診してみると良いですね。

病院に行くほどではないけれど、改善できる何かがあるのなら試してみたいという方は「あせしらず」というサプリメントがあるので、試されてみてはいかがでしょうか。
あせしらずで多汗症改善を口コミで検証!

あせしらずは、体の中から汗を解消してくれる!と評判だからです。
公式サイト↓
あせしらず

us