手汗も顔汗もひどい!制汗ジェルが効かないときは?

手汗も顔汗もひどい!制汗ジェルが効かないときは?

手汗や顔汗で困ったり悩んだことなどありませんか?

私は、緊張すると手汗も顔汗もどちらもで困っています。

事前に制汗剤を使って予防したつもりでも、あまり効果を感じられない時などもあります。

人が汗をかくことは決して悪いことではなく、体温調節をするという大切や役割があります。

人は汗をかかなくなってしまったら、体温は高温になってしまいます。

体温が40度以上になると、たんぱく質が異常をきたしてしまいます。

このように、人が汗をかくことは生死に関わることなので、なかなか簡単には止まりません。

しかし、実際、この体温調節など本来の機能とは関係なく汗をかくという点が困りどころです。

全身で、どこが汗をかきやすいと思いますか?

どこも同じだと思いますか?

実は、顔や手は体の中で非常に汗をかきやすい部分です。

それは理由があり、顔や手は衣類で覆われていないので常に外気と接しており、効率的に体温を下げることができないからです。

普段も汗をかきやすい部位ですが、更に神経が集中していたり色々な要因が重なると、汗が吹き出てしまうのです。

特に緊張やストレスを感じると汗が吹き出ることが多いですね。

そこで制汗剤を使おう!という方は多いと思います。

夏になるとテレビなどでも色々な制汗剤のCМを見かけますよね。

しかし制汗剤とは、汗を抑制するもので、毛穴をうめて汗を出ないようにしたり、汗が出てきてもそれを吸収し蒸発させる仕組みになっています。

一見、汗を抑えてくれるので良いように思えますが、この機能、お肌にとって良いものとは言えませんね。

そうは言っても、やはりどうしても使わないとならないような場面もあると思いますが、その制汗剤も効かないことがあります。

そもそも制汗剤は、じんわりとかく程度の汗を抑制するものですし、運動時以外で制汗剤では止まらないような大量の汗をかく場合は多汗症かもしれません。

多汗症と聞くと、治らないものと思われるかもしれませんが、対策で改善することはできます。

1つは、食生活を見直したり、適度な運動を行い体質改善をしましょう。

2つ目は、汗が蒸発しやすい薄着や、高機能のシャツなどがありますので、そういうものを活用するのもいいですね。

3つ目は、緊張やストレスから汗をかくことが多い方は、違うことを一瞬でも考えるなどの工夫で気持ちが落ち着き汗も治まります。

4つ目は、軽くストレッチをすることで、血流がよくなり体の機能が落ち着くことで汗の量も正常になります。

汗をかくことは、体にとって大切な機能なので、あまり抑えない方が良い場合もありますし、制汗剤の使い過ぎもよくありません。

緊張やストレスなどからの汗、体温機能調節ではない汗を大量にかく方、制汗剤が効かない方などに、「あせしらず」をオススメします。
あせしらずで多汗症改善を口コミで検証!
体の中から改善してくれます。

顔汗や手汗、足汗や脇汗、更年期のホットフラッシュの汗などにも効果的です。

公式サイト↓
あせしらず

u