低温ドライヤーで抜け毛予防で美髪になれる?

低温ドライヤーで抜け毛予防で美髪になれる?

女性なら美しい髪でいたいと思いますよね。

シャンプーやリンス、トリートメントや頭皮美容液など、ヘアケア商品もたくさんあって、色々と吟味されている方も多いことでしょう。

でも、どんなに素晴らしいヘアケア商品を使っても、洗髪後に欠かせないドライヤーによって効果を台無しにされていることも少なくないんです。

洗髪後、そのままの状態での自然乾燥は頭皮環境によくない、逆に髪を傷めるということで、ドライヤーで髪を乾かすわけですが、ただ髪が乾けばいいというものではないのです。

ドライヤーの熱が髪にダメージを与えますので、ドライヤーをかける時にはポイントがあるんですね。

そのポイントとは、まずは頭皮の水分を拭うようなイメージでやさしくタオルドライすることから始まります。

次にドライヤーで乾かしていくわけですが、必ず髪から10cm以上離すようにし、初めに根元から乾かしていきます。

ドライヤーの熱が1か所に集中しないように、ドライヤーを振りながら広範囲に熱がいくように乾かしていくのがポイントです。

さらに、8割ほど乾いたら最後は冷風に切り替えてしっかり乾かします。

このような乾かし方を習慣化することによって、ドライヤーの熱による髪の毛へのダメージをかなり軽減することができるんです。

ドライヤーで髪が傷んでしまうのは、熱風によってキューティクルが剥がれてしまうからです。

キューティクルは60度くらいで開いてくるのですが、一般的なドライヤーの風の中心部分は90度あると言われていますので、早く乾かそうとして髪の毛に近づけたり同じ部分にずっと当て続けたりしているとキューティクルが剥がれ落ちて傷んでしまうんですね。

でも、ドライヤーを正しく使えばそれを防ぐことができますので、ぜひドライヤーのかけ方をマスターしましょう。

そして、さらなる美髪を目指したいという方には低温ドライヤーがオススメです。

美髪モデルさんなども、低温ドライヤーを使って潤いと艶のある美髪を維持されている方も多いようですよ。

低温ドライヤーは、60度で髪を乾かす仕組みとなっているため、、髪に余計なダメージを与えることなく使用できます。

そして60度の低温なので、髪の水分が蒸発しにくく潤いをキープできるのが大きな特徴です。

また、先ほどのドライヤーをかける際のポイントにあった「ドライヤーを振りながらかける」ということをしないで済むのも楽チンでいいですね。

低温なので髪の毛が乾きづらく時間がかかりそうなイメージもありますが、そこは風力でしっかりカバーしていますので安心してください。

さらに、高温のドライヤーやヘアアイロンなど、高温のものを長く使い続けると、それが原因でくせ毛になることがありますが、このような後天的なくせ毛の場合は多少時間はかかりますが低温ドライヤーに切り替えることで、少しずつ改善できますよ。

低温ドライヤーは、髪に優しいだけでなく、頭皮の火傷防止にもつながりますし、頭皮の火傷は抜け毛や炎症の原因にもなります。

ドライヤー購入をお考えの方や、次のドライヤーに切り替える際は、今後の髪のためにも、ぜひ低温ドライヤーを検討してみてください。

そうすることで、薄毛や抜け毛も減ってきます。

◆それでも抜け毛が激しい時や、気をつけているのに薄毛になって抜け毛もひどい時は、無添加育毛剤マイナチュレを使ってみてください。

ふさふさになるような潤いと育毛成分がたっぷり!と口コミでも人気です。

口コミ→マイナチュレ育毛剤の口コミ効果!女性薄毛改善で一番人気の理由は?