中年男性のぽっこりお腹は内臓脂肪の影響?解決には?

中年男性のぽっこりお腹は内臓脂肪の影響?解決には?

中高年の男性の方々、ぽっこりお腹でお悩みではありせんか?

私の主人も中年で、全体的に肉づきがいい方ですが、特にぽっこりお腹は気になります。

男性は、お酒を飲む機会も多いですし、外食も多かったり、太りやすい環境にあることは確かです。

しかし、だからと言って太ったままでいいということではありませんよね。

しかも、そのぽっこりお腹の原因は、皮下脂肪だけでなく「内臓脂肪」でもあるからです。

ですから、内臓脂肪を消費することで、見た目のぽっこりを改善することが可能です。

内臓脂肪を消費することは、見た目だけでなく健康にも効果的なのでオススメです。

そもそも内臓脂肪とは、体内の内臓周辺につく脂肪のことを指し、つきやすい脂肪でもあります。

内臓脂肪の量が多くなると生活習慣病の原因になるので注意が必要です。

見た目は太っていないのに、内臓脂肪がついていて健康状態が悪いという方もいるので、見た目だけでは判断ができませんね。

では、内臓脂肪を消費する方法があるのでしょうか?

具体的に2つ紹介します。

1つは、8時間以内ダイエットです。

8時間以内ダイエットとは、最近話題になっており、私も以前テレビで見たことがありますが、とても効果的なのでオススメします。

やり方は、とてもシンプルです。

1日の食事を8時間以内におさめるという方法です。

例えば朝食を7時に摂ったら、午後3時に食事を最後とし、翌朝まで水のみで何も食べないというのがルールです。

辛いような気もしますが、この8時間以内でしたら、特に食べるものの制限がないので、食事制限が辛いという方にもオススメの方法かなと思います。

このダイエットは、食べている8時間ではなく、空腹の16時間が重要になります。

空腹時間をもつと人間の体は、効率よく脂肪を燃焼し、特に内臓脂肪を積極的に燃焼してくれると言われています。

朝食をゆっくりめに食べて夕飯を早めに摂るようにすれば、意外と難しくないかもしれません。

2つ目は、軽く長い運動をすることです。

ハードな運動を短時間行うよりも、軽い運動を長時間行う方が、脂肪の消費には効果的です。

例えば、30分間走るよりも1時間ウォーキングする方が効果的というわけです。

軽い刺激を長時間与えることは、内臓脂肪だけでなく皮下脂肪の消費にも効果的です。

内臓脂肪を溜めると健康にもよくないので、意識して改善していくといいですね。

今回紹介した対処法を行ったり、他にも対策をしたけれど効果がないという方や、内臓脂肪だけでなく、生活習慣病の悩みもある方に「白井田七」をオススメします。
白井田七(しらいでんしち)の口コミ

生活習慣病を改善してくれると口コミでも評価が高く人気ですよ。
公式サイト↓
更年期

us