頭痛改善に「ずきしらずの実」を安心して飲める理由

頭痛改善に「ずきしらずの実」を安心して飲める理由

頭痛持ちの人というのは、案外多くいます。

日本において片頭痛だけでおよそ840万人、緊張型頭痛は約2200万人いると言います。

つまり、片頭痛と緊張型頭痛だけでも日本人の約24%、4人に1人は頭痛に悩んでいるということになり、さらに慢性頭痛の方などを合わせると、もっと多いということになります。

頭痛対策としては、鎮痛剤を早めに服用して痛みから逃れるといったことが主流ですよね。

でも、これは対処療法であって頭痛持ちが改善するというわけではありません。

つまり頭痛と一生付き合っていかなければならないということになってしまうのです。

しかし、諦めるのはまだ早いようですよ。

それは、頭痛持ち体質の改善が期待できる「ずきしらずの実」という頼れるサプリメントがあるからです。

90%以上の方が実感!!
本気で悩む方に向けた頭痛解消サプリメント ⇒

ずきしらずの実は、カイテキオリゴやみんなの肌潤糖でお馴染みの北の快適工房から出ているもので、薬ではなくサプリメントです。

薬ではありませんので、鎮痛剤を飲み続けることに不安を感じている方や、薬が苦手で頭痛をひたすら我慢している方などにとっては、とてもおすすめできます。

ずきしらずの実には、北海道で昔から用いられていたというナチュラルハーブが使われていて、フィーバーフュー、オオイタドリ、にがりという天然由来の成分から作られています。

ハーブに興味のある方はご存知かもしれませんが、フィーバーフューは片頭痛を緩和するハーブとして有名です。

フィーバーフューに含まれるパルテノライドという成分が血液の凝固を抑制して血流をスムーズにすることで、片頭痛の緩和につなげていきます。

また、オオイタドリは「大痛取」と書き、その字のごとく痛みを取るという作用が期待できます。

これは日本で伝承的に生活に根付いている野草で、鎮痛や抗炎症、抗アレルギーなどの作用を期待できます。

そして、血液サラサラ作用のあるにがりも加わり、これら3つの天然由来成分によって体のリズムを整え、突然くる痛みを激しくならないようにサポートし、楽にしていくのです。

ずきしらずの実は、副作用の心配も依存性もなく安心して飲むことができるサプリメントですが、妊娠中や授乳中の人、そして血栓症などで薬のワーファリン(ワルファリンカリウム)を服用中の場合は飲まない方がいいので、その点だけは注意してくださいね。

飲み続けることで、頭痛に悩まされる頻度が減ったり痛みが軽減され、その効果を90%以上の人が実感中です。
ずきしらずの実の気になる効果と口コミ
薬で胃が荒れてしまった方、薬が苦手な方、薬を飲むほどではないけどうっとうしい痛みに悩まされている方は、ぜひこのずきしらずの実というサプリメントをお試しください。

公式サイト↓
ずきしらずの実

ug